【TOEIC リサーチラボノート 2】語源 × 高校英文法参考書

スポンサーリンク
TOEIC
スポンサーリンク

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!


今回はリサーチラボノートと題して
自分が英語で疑問に感じたことや
自分がやったことの記録を書いていこうと思います!

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

今回のラボ

さて、今回のラボノートは…

いきなり TOEIC から外れてしまうのですが、
自分がすごく気になっていたことです。

それは

高校の有名な英文法参考書に「語源」は載っているのか?


です!!

高校の英語で必ずといっていいほど配られる
英文法の参考書ってありますよね。

Next StageVintageScramble など
おそらく一度は

セータ君
セータ君

あ! それ、高校で配られた参考書だ!!


と、聞いたことがある・見たことがある
英文法参考書が登場します。

ちなみに、自分のところでは
Next Stage を使っていました。

ここでふと少し疑問に思ったことが。

セータ君
セータ君

高校の有名な英文法参考書の中にも
語源をまとめて取り上げているところがあるのかな?


高校で英語の語源はそんなに聞かないので、
割と気になってたり。

ということで、
早速調査に向かいました。

高校の有名な英文法参考書といえば?

ところで、高校で配られる
有名な英文法参考書といえばどんなものがあるでしょうか?


ネットやブログ等で色々調べた結果
次の 5 冊が挙げられそうです。

▶ Next Stage
▶ POWER STAGE
▶ UPGRADE
▶ Vintage
▶ Scramble


どれか一つは聞いたことがあったり
実際に使っている、使っていたかもしれません。


今回は

  • 語源のページの有無
  • どのくらいのボリュームか
  • 説明内容はどうなのか

といった観点から
調べて分かったことを書いてみようかと思います。

実際に調べてみた

実際にこの 5 冊を手に取って
調べてみた結果は以下の通りです。

英文法参考書語源の記載の有無掲載ページ数量
Next Stage× 
POWER STAGE× 
UPGRADE× 
Vintage 4 ページ
Scramble◯ 4 ページ

 

語源について載っていたのは、5 冊中 2 冊

その 2 冊とも、かなり後半の章で扱っており
掲載しているページは数ページほど。
隅にちょっぴり載っている程度です。

セータ君
セータ君

あんまり載ってなかったね。
語源は高校でほとんど取り扱わないのかな…?


というのが、自分の正直な感想です。


高校の英単語帳には
語源を取り扱っているものがありますが

「英文法参考書」に関しては

載っていない参考書があり、なおかつ章の後半。
さらには扱っているページが少ない。


ということが分かりました。

セータ君
セータ君

章の後半に数ページしか載っていないから、ホントに注意して見ないと気付かないかも。でも、それ以前に Vintage か Scramble を選ばないと語源すら出会うことがないから、もしかすると知っている高校生はほんの一部なのかも?


語源が載っていたそんな Vintage と Scramble ですが
その数ページの中での内容はどうなのでしょうか?

Vintage

Vintage には、残念ながら
語源に関する説明の文章がないので

一目見ただけでは語源のページ
であることに気づきにくいです。

また、語源の使い方らしきものが書いておらず

語源(意味) ➡ それが含まれる英単語

と、単なる羅列になっているのも
少々残念な気もします。

セータ君
セータ君

どうして、その語源がそんな意味の単語になるの?

といったような肝心なところが抜け落ちています。

羅列だけでは語源からの意味の想起が難しいので

語源をやってみようというメリットが
このページには感じられないような気がします。

せっかく語源のページを取り上げているのに
ちょっともったいないと思いました。

Scramble

一方、Scramble の方はどうでしょうか?

Scramble は「語源で覚える英単語」と題して、
Power Up ! のスペースに説明が書かれていました。

こちらは、語源についてとそのメリットが
無駄なくしっかりと書かれているので

セータ君
セータ君

へぇ~! そんなメリットがあるなら、語源やってみようかな!


といった感じに、語源への学習を
刺激してくれています。


しかしながら、いいところはそれだけではありません。
それは解説の右ページにありました。

Vintage にはなかった
語源を単語から想起できるような解説
Scramble にはしっかりと書かれていることです。

これだけだと分からないので、
何か一つ抜粋します。

extend 「~を延ばす/ 延長する」[ 外へ (ex) 伸ばす / 広げる]

引用: 中尾孝司 (2017) Scramble 4th Edition | 23章 まぎらわしい語 旺文社


ここで注目したいのは、

[ 外へ (ex) 伸ばす/ 広げる ]

の大かっこで書かれている部分!


右ページだけでなく
Power Up! の方にも、それぞれこういった
語源の解説がついています。

セータ君
セータ君

語源の学びはじめは分からないところが多いから、こういう解説があるのはすごく助かるよね!


語源が載っている英文法参考書は
それほどなく、あったとしてもわずか数ページですが

その数ページの中でこれほどまでに
しっかりした作りになっている Scramble は
かなり優秀ですね!

まとめ

以上が今回のラボノートになります。

気になっていたことを
実際に手を取って調べてみるのは

新しい発見もあり
なかなか興味深いものになりました。


「語源がある高校の英文法参考書ってあるのかな?」と
単に自分の好奇心で調べたに過ぎませんので

もちろん、語源があるからこの参考書はいいとか
ないからダメなんてことは言うつもりはありません


大学受験であれば、語源より
英文法や語法のほうが大事なので
それを優先して取り組んだ方がいいと思います。

もし、この記事を見て
語源に興味がわいたという方がいましたら
Scramble に手を伸ばすのもいいかもしれません。

是非とも挑戦してみてください!


というわけで、今回のリサーチラボノートはここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

コメント

タイトルとURLをコピーしました