【語源 接尾辞編 1】 ly は副詞に変化するだけ?

スポンサーリンク
英単語
スポンサーリンク

ly は副詞に変化する接尾辞だけど、daily, friendly, timely ってホントに副詞なの?


Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ)です!!


今回から、語源シリーズの接尾辞編の各論に入ります。
その最初を飾るのは、主に副詞に変化する ly です!


接尾辞の中では割と有名なほうではないでしょうか?


確かに語尾に ly をつけると副詞になるのはありますが、
冒頭にもありましたように

daily, friendly, timely は

語尾に ly が付いているから
ホントに副詞なんでしょうか?

実はちょっとしたややこしいことがあります。


そのあたりは、これから紐解いていきますので
どうぞお楽しみに!


また、

セータ君
セータ君

語源ってなに?初めて聞いたよ?


という方は
こちらのページに飛んでご確認ください。



それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

ly は副詞だけ?


早速ではあるのですが、ly がつく英単語を
いくつか紹介します。

副詞でない ly は、一体どんなところが違うのでしょうか?
違いに注目しながら見ていきましょう。

副詞になる ly


まずは、イメージが強い
副詞になる方の ly を挙げてみます。

英単語意味
usually大抵は、普通は
recently最近
easilyたやすく、簡単に
quickly素早く
directly直接的に



これ以外にも多数ありますが、
基本的には ly が付くと副詞になります。

しかし、ly が付くからといって
全部が副詞になるわけではありません。

セータ君
セータ君

あれ?そうなの? 冒頭の daily, friendly, timely も ly が付いているから、副詞なのかなと思ってたんだけど…?


確かにそう思いますよね!

ですが、この daily, friendly, timely は
副詞ではなくいずれも形容詞なんです!

形容詞にもなる ly


セータ君
セータ君

え!? 形容詞なの!? ly って副詞と形容詞二つのパターンがあるんだね!



他にも形容詞になる ly はあるのでしょうか?
いくつか挙げてみましょう。

英単語意味
daily毎日の
friendly親切な
timely時宜の良い
costly費用がかかる、高価な
orderly整然の


語尾に ly が付くと
副詞に飛びつきたくなりそうですが、


この表のように
形容詞になる lyがありますので注意しましょう!

ly での品詞の見分け方


セータ君
セータ君

うーん…。でもこれだと、どれが副詞なのか形容詞なのか分からないなぁ…。何か見分ける方法はないの…?


全て当てはまるわけではありませんが、
見分ける簡素な方法はあります。


それは、ly を取ったあとの単語が
形容詞か名詞かで見分ける方法です



まずは副詞から ly を取ってみましょう。

英単語 ( ly あり)英単語 ( ly なし)意味(ly なし)
usuallyusual【形】いつもの
recentlyrecent【形】近頃の
easilyeasy【形】易しい
quicklyquick【形】素早い
directlydirect【形】直接の



いずれも形容詞が現れましたね。


一方、形容詞はどうなのでしょうか?

英単語 (ly あり)英単語 (ly なし)意味(ly なし)
dailyday【名】日
friendlyfriend【名】友達
timelytime【名】時間
costlycost【名】費用、コスト
orderlyorder【名】順番


今度は名詞が現れました。


簡単にまとめると次のようになります。


形容詞 + ly ➡ 副詞
名詞 + ly ➡ 形容詞 



法則に当てはまらない例外もある


見分け方はあるにせよ、
やはり例外というものはあります。

とはいえ、それほど多くはありません。
いくつか紹介していきましょう。

early


中学校で覚える基本単語ですね。
ly が付いていますが、法則に当てはまらない例外です。

「早い」という形容詞、「早く」という副詞
両方があります


at your earliest convenience (ご都合がつき次第)


E メールでよく出てきそうな表現ですね!
early の最上級である earliest に変化しています。

convenience に修飾しているので、
この earliest は形容詞の役割を果たしています。

likely


early と同様、形容詞と副詞があるタイプです。

形容詞は「ありそうな、~しそうな」という意味で、
副詞は 「恐らく」という意味です。

Who most likely is the woman? (女性の方は恐らく誰ですか?)
It is likely to be fine tomorrow. (明日はいい天気になりそうだ)


一番目の文章はリスニングでよく見かける表現ですね!
この likely は副詞として使用されています。

二番目は be likely to do で「~しそうである」という
おなじみの表現です。ここでは形容詞として使われています。

lively

live には「住む」という動詞の意味がありますが、
その他にも「生きている」という形容詞の意味もあります。

形容詞 + ly なので、副詞になりますが
こちらも同じように形容詞の意味もあります

そして、この lively は 「活き活きした」という形容詞になり
live とは違った意味を持つので注意が必要です。


lively competition (活発な競争)



このように例外はいくつかあるにせよ、
まず原則として規則を覚えることが大切です。

そこから例外を少しずつ覚えるようにすると、
丸暗記の量が減りますので

だいぶ楽になると思います。

まとめ


最初の接尾辞 ly はいかがでしたか?

ly が来たら必ずしも副詞ではなく
形容詞もあることに注意してくださいね!


最後に今回学んだ接尾語の ly を
もう一度確認してみましょう。

形容詞 + ly ➡ 副詞
名詞 + ly ➡ 形容詞 
※ ただし例外あり


というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

コメント

タイトルとURLをコピーしました