過去のことだけではない! 過去形が表す共通のイメージとは?

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

過去形なのに、過去のことを言ってるわけじゃないよ…?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ)です!!

今回は過去形について書いていこうと思います。

過去形に出くわしたとき

セータ君
セータ君

あれ? 過去形が使われているのに、丁寧な言葉?仮定法? 過去のことを言ってるわけじゃないのに、いったいどうなってるの?


みたいなことを思っていませんでしたか?


一見関係のなさそうな過去時制、
丁寧な言葉、そして仮定法。


実はこれには共通点があります。
その共通点とは一体何なのでしょうか?

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

過去形のコアイメージ

あれこれと説明する前に
先に結論をドンと持って行っちゃいましょう!

ズバリ!
過去形のコアイメージは

「距離感」!!



セータ君
セータ君

距離感?過去のこととどう関係があるの?


うーん、そうですね…。
まずは、その「過去のこと」というのは一回離れて、
「距離感」というイメージを持ちましょう。


この「距離感」というイメージをつかめば

単なる過去のことはもちろん、
一見関係なさそうな丁寧な言い方や仮定法も
すんなり理解できるはずです。

過去形のイメージから派生するもの

過去形のコアイメージは「距離感」
ということを書きましたが、

この距離感はこんな感じで
派生していきます。

「時間的」な距離 : 過去形
「心理的」な距離 : 丁寧な言い方、自信のなさ
「現実的」な距離 : 仮定法


セータ君
セータ君

へぇ~! ボクが思ってた「過去のこと」は、時間的な距離のことを言ってたんだね!過去形って奥が深いなぁ~!



そんな過去形ですが、
分かりやすくするため現在形と比較しながら
もう少し詳しく見ていきましょう!

「時間的」な距離

これは言うまでもないと思いますが、
「過去のことを言うとき」に使いますよね。

セータ君
セータ君

I saw a movie yesterday. (昨日、映画を見たよ) みたいな感じだよね!


この過去形は
過去のことを言ってるだけで、
今はそうではありません。


なんとなくでも
現在と「距離を置いている」感じがしませんか?

そして、この過去形が持っている
「現在と距離を置いている」感じを
そのまま当てはめていきます。

「心理的」な距離

今度は、時間的ではなく心理的に
距離を置いてみましょう。

心理的に距離を置くということは
より丁寧な表現になるということに繋がります。

セータ君
セータ君

Will you ~? とか Can I ~? も丁寧な表現なんじゃないの?


たしかに、命令形より丁寧ではありますが
過去形には及びません。

現在形ということは、
心理的な距離感がない状態
つまり、「近い状態」にあります。


ということは、現在形しかない命令形
ものすごくとげとげしい高圧的な口調になります。

Will you ~? や Can I ~?
命令形よりは多少丁寧な表現にはなりますが
これも現在形ということで、思っている以上に
丁寧ではありません。

「~してくれる?」
「~してもいい?」


くらいのニュアンスで、

親しい間柄なら大丈夫だとは思いますが、
押しつけがましい・厚かましいニュアンスもあるので
人によっては失礼になる場合があります。

can や will の過去形である
could や would にすることによって

さらに距離感をとって

「~していただけますか?」
「~してもよろしいですか?」

という大人の表現になります。

セータ君
セータ君

英語の丁寧は、過去形を使って「相手の心理的な距離を置く」ことで表現しているんだね!


さらに、この心理的な距離は
自分の「自信」にもつながっていきます。

現在形だと自信たっぷりに満ちた感じの
ニュアンスが伝わります。


セータ君
セータ君

I can do it ! (出来る!)


逆にこれが過去形になると、
心理的な距離をとることになるので

可能性を下げた自信がないという
ニュアンスになります。


セータ君
セータ君

I could do it. (出来る…かも)


このように、過去形で
心理的な距離を置くことで
丁寧な表現や自信のなさといった

より豊かな表現をすることができます。

「現実的」な距離

そして最後に、
現実との距離を置いてみましょう。

現実に距離を置くということは、
現実でないことを言っている
ということになります。

それが妄想とか仮想現実
当てはまりそうですね!

「もし〇〇なら、~なのになぁ」

という表現は仮定法で勉強する
もしくは勉強したと思います。

現実ではありえないことなので
過去形を使って現実と距離をとります


セータ君
セータ君

If I were a bird, I couldfly to you. (もし鳥だったら、君の元へ飛べるのに)


もしこれが現在形になると、

現実に距離を置いておらず

「実際に鳥で、君の元へ飛べる」
といった感じに、

現実ではありえないことを
可能性も自信もたっぷりにいうことになります。

セータ君
セータ君

え~… なんか、アブナイ人に見られちゃいそうだね…。


ですので、「現実ではありえないことですよ」「妄想ですよ」
というのをキチンと言うためには、

過去形を使って、現実との距離をとる必要があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

一見関係なさそうな
過去形、丁寧な表現、仮定法ですが

過去形が持つ「距離感」
というイメージがあれば

スッキリと整理されたのではないでしょうか?

最後にもう一度確認していきましょう。

「時間的」な距離 : 過去形
「心理的」な距離 : 丁寧な言い方、自信のなさ
「現実的」な距離 : 仮定法

というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye!


コメント

タイトルとURLをコピーしました