受動態と完了形に過去分詞が使われている理由 

スポンサーリンク
リスニング
スポンサーリンク

過去分詞はどうして受動態と完了形に使われるのかな?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ)です!!

今回は、「過去分詞」にスポットを当てて
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

過去分詞って、受動態や完了形に使われてるあの過去分詞?



そうですね!
あとは、準動詞として使う場合
「~された〇〇」のように
形容詞のような役割を果たします。

セータ君
セータ君

準動詞ってなんだっけ?



という方は

準動詞に関することをまとめた記事を書きましたので
こちらも併せてご覧ください。




そんな過去分詞ですが、

受動態と完了形
一見関係なさそうなのに
同じ過去分詞が使われている
のって
不思議に思ってたりしませんか?

セータ君
セータ君

あ、 言われてみればそうだ! どうして同じ過去分詞が使われてるんだろう?


というわけで、
今回はその過去分詞の正体に
迫っていきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

文法の確認

まずは、受動態と完了形について
簡単に見ていきましょう!

今回は「過去分詞」に焦点を当てているので
詳しいことに関しては別記事で書いていきます。

受動態

受動態は、何らかの行為を受ける側が主語になり
「~される」と表現するものです。

セータ君
セータ君

逆に、行為をした側を主語にして「~する」と表現するのは「能動態」というよ!


受動態は

be + 過去分詞

を使って表現できます。

受動態に関する詳しいことは、
あえてその形! 受動態に潜む隠れたニュアンス
に書きましたので併せてご覧ください

完了形

完了形経験・完了(結果)・継続を表現するときに
使われます。

have(had) + 過去分詞

を使って完了形を表現します。

過去分詞の正体とは?

簡単に確認したように、
受動態も完了形も
過去分詞が使われています


一見関係なさそうな文法で使われる
この「過去分詞」の正体は
いったい何なのでしょうか?


過去分詞の正体
すなわち本来持っているイメージは、

「過去の行為の後に起こった結果・状態」

です!

セータ君
セータ君

「過去の行為の後に起こった結果・状態」?


これだけでは分からないと思うので
何か例を出していきましょう。

セータ君
セータ君

それじゃ、「彼はこの本を読んだ」っていうのはどうかな?


いいですね!
それではその文章でやってみましょう!

まず、過去分詞は
「過去の行為の後に起こった結果や状態」なので
その結果や状態がなくてはいけません

因果関係というのがあるように
原因がなければ結果はありませんので、
その結果や状態を作った原因があるはずです。

そしてその原因にあたるのが
過去の行為ということになります。

例を交えてまとめると

本を読んだ(過去の行為:原因) ➡ 本を読んだ後の結果・状態 (過去分詞:結果)


という感じになるでしょうか。


過去分詞はこの「彼が本をペラッと開いて読んだ後の結果や状態」
のことを指しますが、

この状態や結果は
する側とされる側で視点が変わってきます。

される側の視点 : 受動態


本の視点であれば、「読まれている状態」ですね。
これが受動態における過去分詞になります。

This book is/was read by him. (この本は彼に読まれている/読まれた)

する側の視点 : 完了形

彼の視点であれば本を読んだ結果、
「読むのを完了して終えている状態」
ということが言えます。

これが完了形における過去分詞になります。

He has/had read this book. (彼はこの本を今読み終えた /(過去のある時点で)読み終えた)


セータ君
セータ君

「過去の行為の後に起こった結果・状態」というのは一緒だけど、される側なら「受動」の意味に、する側なら「完了」の意味に過去分詞が派生していくってことでいいのかな?


そういうことになりますね!

受動態と完了形に使われる過去分詞は
実はもともとイメージが一緒で、

する側、される側によって
意味が派生するということだったんですね!

TOEICで受動態と完了形が良く出てくる Part とは?

過去分詞が使われる受動態と完了形ですが、

なぜこの二つの文法を取り上げたかというと
その理由は大きく二つに分かれます。

① Part 1 でよく出てくる表現である
② 発音が似ていて紛らわしいのに全然違う意味になる

Part 1 はリスニングの写真描写問題ですが、
受動態と完了形がよく出てきます。

その中でも特に注意すべきなのは

現在完了形 + 受動態
現在進行形 + 受動態

この二つです。

セータ君
セータ君

「~され終わっている」、「~されているところだ」みたいに訳せば良さそうなんだけど、この二つに注意するのはどうして?


では、なぜこの二つに注意が必要なのか
見ていきましょう!

発音が紛らわしい


確かに「訳す」という面であれば
さほど難しくないかもしれませんが、

問題は発音がよく似ている点にあります。

have been p.p(現在完了形 + 受動態)
be being p.p (現在進行形 + 受動態)

been は軽めに「ビ
being は 少し長めに 「ーイ

と「ビ」から先の間合いの長さ
くらいしか違わないので
結構紛らわしいと思います。

セータ君
セータ君

been と being の発音ってそれしか違わないんだ…。 確かに紛らわしいね…。


さらに、ここから三単現で変化すると

has been ~
is being ~

となりますが、

has も is も「ハズ」や「イズ」みたいに
はっきりと発音はされず

軽めに「」や「」と発音されるので
ほぼ同じように聞こえます。

セータ君
セータ君

こうなっちゃうと、余計紛らわしくて聞き間違えそうだね…。

発音が似ているのに意味が全然違う

そして、さらに厄介な点は
こんなに発音が似ているのにも関わらず
意味が全然違ってくるということです。

それぞれ確認してみましょう。

現在完了形 + 受動態

現在完了形 + 受動態(have been p.p )
はすでにされた「完了の状態」を表すので

キチンと並べられていた状態であったり
積みあがった状態であったり等

すでに誰かによってやり終えているのが
分かるようなニュアンスです。

現在進行形 + 受動態

一方、
現在進行形 + 受動態(be being p.p )

は「今」されているということなので

人によってキチンと並べられたり、
積み上げられたり等していますが

まだやっている最中ということになります。

完了形のようなすでに終わっている
状態のニュアンスにはなりません。


まとめると以下のようになります

The table has been cleaned.(現在完了 + 受動態)
テーブルが片付けられた
片付いた状態

The table is being cleaned. (現在進行 + 受動態)
テーブルが片付けられているところだ
片付けてる最中



文字にすると簡単かもしれませんが

これを聞き取るとなると、
発音が似すぎて結構ややこしいです。

しかも意味が違うので、
注意して聞かないと間違えてしまうことがあります。

意味を取り違えないように
気をつけながら解いていきましょう!

おわりに

一見関係なさそうな
受動態と完了形ですが、

過去分詞の持つ
「過去の行為の後に起こった結果・状態」
というイメージは共通していて

そのイメージは
「する側・される側の視点」により
受動の意味や完了の意味に派生していく


ということでしたね。

また、これに関連して
受動態と完了形は
Part 1 によく出てくる
ことと

発音がよく似ているのに
意味が全く違ってくるから
注意して聞き取りましょう


ということも書いていきました。

この記事で、少しでも解決できて
お役に立つことができればば幸いです。

というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました