見た目が複雑? 分詞構文の応用を総整理

スポンサーリンク
分詞
スポンサーリンク

分詞構文ってちょっと複雑になることってない…?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「分詞構文」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。


前回は分詞構文の基本を見ていきましたね。

もし、まだ見ていなければ
気軽に接続? 分詞構文の基本を総整理
をご覧ください。



そして今回は、これを踏まえたうえでの応用として
前回紹介しきれなかった分詞構文の作り方を
見ていきたいと思います。

分詞構文はTOEIC にもたびたび登場していますので
ここでしっかりとおさえておきましょうね!

それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

分詞構文の簡単なおさらい

まずは、分詞構文を簡単におさらいしていきましょう!

分詞構文は、分詞(現在分詞・過去分詞)を
副詞・・」として使う英文法でしたね。

そして、この分詞構文はフォーマルな表現で
新聞やニュース等の知的な場面でよく登場する


という事も触れていきました。

分詞構文の作り方は基本的に
以下の 3 ステップで出来上がります。

  1. 接続詞を消す
  2. 主語が一致していれば従属節の主語を消す
  3. 従属節の動詞を現在分詞に変える(being は省略可)


また、意味は以下の 5 つになります

① 時 : 「~するとき (when)」
② 理由 : 「~なので (because / since / as)」
③ 付帯状況 : 「~しながら、~して (as)」

④ 譲歩 : 「~だけれども(although)」
⑤ 条件 : 「もし~なら (if)」


分詞構文は、接続詞を使わず分詞で文を気軽につなぐものなので
接続詞が使われていません。

そうすると、どのような意味になるのかは
文脈で判断しないといけないということも
触れていきました。


以上が簡単なおさらいですが、
思い出してきましたでしょうか?

セータ君
セータ君

だんだん思い出してきたよ!


それでは、これを踏まえて
応用の方へ移りたいと思います。

分詞構文における意味上の主語

まずは、分詞構文における意味上の主語から見ていきたいと思います。

前回は軽く触れる程度で紹介しましたが、
ここではしっかりとおさえておきましょう。

分詞構文の作り方の 3 ステップを
もう一度見てみると…

  1. 接続詞を消す
  2. 主語が一致していれば従属節の主語を消す
  3. 従属節の動詞を現在分詞に変える


このような手順で分詞構文を作るのでした。

今回紹介する意味上の主語は、
2 番目のステップで「主語が一致しない場合」に登場します。

セータ君
セータ君

そっか!前回は「主語が一致している場合」を見てきたんだよね!


そうですね!

やり方も、主語が一致している場合の作り方と
ほとんど変わりません。

Because the rain began to fall, I stayed home for a while.
(雨が降り始めたので、私はしばらく家にいた)


この例文を使って、分詞構文を作っていきましょう!

★ 接続詞を消去
Because the rain began to fall, I stayed home for a while.

★ 主語が一致しない場合、従属節の主語を残す
The rain began to fall, I stayed home for a while.

★ 従属節の動詞を現在分詞に変更
The rain beginning to fall, I stayed home for a while.


セータ君
セータ君

「従属節の主語を残す」という違いだけで、あとは同じだね!


そうですね!
こちらも例に漏れず、非常に硬い表現になります

being が省略できないケース

従属節の動詞が being の場合、
省略できるという事を紹介したと思いますが

There 構文のパターンの場合は、
例外としてbeing を省略できません。

Since there was nothing to do, I went to bed earlier than usual.

There being noting to do, I went to bed earlier than usual.
(何もすることがなかったので、いつもより早めに寝た。)


セータ君
セータ君

つまり、 There being ~ のままになるってこと?


そうですね!

これはかなり特殊なパターンなので
そのまま覚えるのが手っ取り早いかと思います。

否定形 (not -ing)

次は、従属節が否定形の場合どうなるのか
見ていきたいと思います。

とはいえ、それほど難しいすることをするわけではなく
「not -ing」 の形にすればできてしまいます。

Not knowing how to operate this computer, I asked him to show me how to do it.
(このコンピュータをどう動かすのか分からなかったので、彼にやり方を教えてもらった)



be 動詞の場合も、「not -ing」の形を崩さない
not being になることに注意しましょう!


セータ君
セータ君

普通の文だと「is not」 みたいに be 動詞を先に置くから、それにつられて being not にしちゃいそうだね…。気を付けないと…。

完了形 (having p.p)

最後に、主節より従属節が 1 つ前の時制の場合
どうなるのか見ていきたいと思います。

-ing で始まる基本的な分詞構文の場合、
主節と従属節の時制は一致をしていますが

主節よりも一つ前の時制を従属節で表したい場合は
「having p.p」という形にします。

ちなみに、完了形を否定するときには
「not having p.p」
「never having p.p」「having never p.p」

のように表します。

Having finished my homework, I watched TV.
(宿題を終えたので、私はテレビを見た)

おわりに

今回は「分詞構文」の応用を見ていきました。

応用といえど基本的な作り方はそれほど変わりませんが、

あまり見慣れない英文の構造だったり
語順に気を付けないといけなかったり


ややこしいのが結構ありましたね。

分詞構文の性質上省略されることが多いので、
見慣れない構文が多く登場してきます。

特に、意味上の主語に関しては
一目見ただけではすぐに判断しづらいところが多々あります。

しっかりと練習をして、
分詞構文であることを見抜けるようにしたいですね!

次回は独立分詞構文について書いていきますので、
どうぞお楽しみに!

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました