これが一番! 最上級を使った比較表現の基本を総整理

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

一番を表現するにはどうすればいいの?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「比較」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

英語で比較する方法は

A と同じくらい … だ
A より … だ
A の中で一番 … だ


この 3 つがあります。


セータ君
セータ君

確か、as とか -er, -est みたいなものを使うんだよね?


そうですね!

長い単語の場合は
more, most を付け加えたり

better, best や worse, worst みたいに
不規則な変化をするものもあります。


これらを駆使して比較文を作るのですが、

「as ~ as を使えばできる」
「er, est を使えばできる」

のように
何となくで済ませていませんか?

その「何となく分かる」から
「しっかり分かる」へレベルアップするため

どこに注目して作ったり読んだりすればいいのか
作るときや読むときに何を気を付ければいいのか


というポイントを重点的に書いてみようと思います。

そのため、er や est のような活用は分かっているものとして
ここではいったん割愛しますのでご了承ください。

また、比較はシリーズとして
何回かに分けて書きたいと思っております。

その第 4 回として
「~ の中で一番 … だ」の最上級表現
を見ていきたいと思います。

セータ君
セータ君

その他の比較シリーズの記事は、すぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!




それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

最上級比較(~ の中で一番 …)の作り方

早速ですが、

最上級比較はどのようにして作っていけばいいのか
確認していきたいと思います。


基本的な作り方は

the [形容詞 or 副詞]est
the most [形容詞 or 副詞]

です。

そして、「~の中で」を表現する際には
範囲を表す前置詞が必要です。

セータ君
セータ君

たしか、of と in があったような気がするけど…?


そうですね!

それでは、最上級において of と in は
どのように使い分ければいいのでしょうか?

of と in の使い分け

次の例文をご覧ください

He is the tallest of the three.
(彼は 3 人の中で最も背が高い)

He is the tallest in the class.
(彼はクラスの中で最も背が高い)


He is the tallest のところまでは全く一緒ですね。

違うところは of と in の前置詞、
そして、その前置詞の後に続く名詞です。

どういうときに of を使って
どういうときに in を使えばいいのでしょうか?

その違いについてみていこうと思います。

of

まず最初は、of についてです。

of は「同類の複数名詞」で比べているときに使います。

セータ君
セータ君

同類ってことは、「人なら人同士」で「本なら本同士」で比べる感じなのかな?


そうですね!
そんな感じでいいと思います。


of には「全体の中の一部」のイメージがあります。

A of B で「B(全体)の中の A (一部)」になりますが、
これは「A が複数個集まって構成されたのが B 」
とも言い換えることが出来そうです。


その構成されている同類の全体(the three)の中でも
一番背が高い(the tallest)のが彼であるというわけです。

また、 of が前に出るパターンもありますので、
こちらも併せておさえておきましょう!

Of the three, he is the tallest.
(3 人の中で、彼は最も背が高い)

in

一方、in は「範囲」の中で比べるときに使います。

「~の中に」という意味があるように、
とある空間の中にいるというのが in のイメージです。

セータ君
セータ君

そうすると、「A in B」で「B の中に A が覆われている」感じの意味になるのかな?


そうですね!

という事は、「主語より in 以降の名詞の方が規模が大きくなる」
とも考えられないでしょうか。

「○○(都市)は東京の中で一番人口密度が高い」
「○○(山)は日本の中で一番高い」
「○○(川)は世界で一番長い」

なら、規模はそれぞれ

都市東京
日本
世界

になるので

○○(都市) is the ~est in 東京.
○○(山) is the ~ est in 日本.
○○(川)is the ~est in 世界.

といった感じになりそうです。


まとめると、

最上級の of と in の使いわけは
次の表になるかと思います。

前置詞範囲
of複数(同類)数字、all、代名詞、複数名詞 など
in範囲・場所国名、the class など

 

副詞が最上級の場合

副詞が最上級の場合は、the をつけてもつけなくても大丈夫です。

また、 often などの頻度を表す副詞は通常動詞の前に置きますが、
最上級になる場合は動詞の後ろにつけます

He can run (the) fastest in the class.
(彼は、クラスの中で最も早く走ることが出来る)

I go to the library (the) most often in my family.
(私は家族の中で最も頻繁に図書館へ行く)

最上級に the が付く理由

例外はあるのですが、比較表現の中で最上級にだけ
「the」 が付いています。

セータ君
セータ君

そういえばそうだね。どうしてなんだろ?



the というのは「1 つ(もしくは 1 グループ)に決まる」といった
聞き手・話し手両方の共通認識を伴うニュアンスがあります。


例えば A,B,C のうち A が一番だとします。

一番は 1 つしかありませんよね。 
そして、話し手・聞き手も一番は A と認識しているはずです。

セータ君
セータ君

確かに、1 つしかないものって話し手と聞き手の認識は共通しているね!だから the がつくんだ!


the をはじめ、冠詞というのは日本人には馴染みがないので
なかなか難しいところではありますね。

「~番目」という最上級表現

最上級は 1 番のときに使われますが、

「~番目」という表現も、
最上級を使って表現することが出来ます。

セータ君
セータ君

2 番目とか 3 番目みたいな表現もできるんだ!!


そうですね!

作り方はとても簡単で、
the の後ろに second,third …のような
序数詞を置くだけです。


He is the second tallest in the class.
(彼はクラスの中で 2 番目に背が高い)


おわりに

今回は「比較」の第四弾として
最上級の基本を見ていきました。

これで、原級・比較級・最上級の
基本的な比較表現は一通り確認したことになります。

いずれも、中学から高校基礎あたりの内容ですが
思い出してきましたでしょうか?

次回以降の比較は、
今まで見てきた作り方とは違っている
ちょっと特殊な場合を紹介していきますので
どうぞお楽しみに!

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました