【TOEIC リサーチラボノート 20】 英熟語に取り組んでみた Part 2

スポンサーリンク
書籍
スポンサーリンク

移動に関する go と get 、同じようで実は少し違うんです!

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!


今回はリサーチラボノートと題して
自分が英語で疑問に感じたことや
自分がやったことの記録を書いていこうと思います!


突然ですが、今回でリサーチラボノートも 20 回目
迎えることが出来ました!


セータ君
セータ君

もう 20 回目になるの!? みんなありがとう!!



本当にありがとうございます!!
これからも役に立つ情報を発信してきますので
今後ともよろしくお願いいたします。


それでは挨拶も済みましたので
早速始めていきましょう!
Now let’s start!

今回のラボノート

今回のラボノートは、
英熟語 攻略の第二回となります。

前回からだいぶ日が経ってしまいましたが
欠かさず英熟語を地道にやっています。


英熟語はやればやるほど奥が深い
とまで思うようになりました。


そこで、今回から何回かに分けて

セータ君
セータ君

こういう使い分けがあったんだ!奥が深いな~!



という自分で思った発見を、
整理がてら書いてみようと思います。


詳しいことにつきましては
別記事にて投稿する予定です。

移動 に関する go と get


go とくれば、反対の come のイメージが強いですが
ここでは get と比べてみましょう。


今回、この二つの単語の間で
注目するイメージは「移動」です。

セータ君
セータ君

移動? go にも get にもそういうイメージがあるの?


そうですね。

コアイメージが違うので
全く同じ意味とまでにはいきませんが、

派生のうちの一つである「移動」のイメージとして
go と get が使われることがあります。

微妙なニュアンスの違い


この「移動」をもう少し詳しく見ていきましょう。

移動には、ある地点から出発してある地点に到達する
という一連のプロセスがあります。

ということは、移動には
「出発点」「到達点」が伴うということが
言えると思います。


そして、 go と get にはこの移動において
焦点を当てる部分が微妙に違っています



簡単に表すと次のようになります。

go : 出発点から途中、到達点まですべて

get : 到達点


セータ君
セータ君

なんとなくだけど、 for と to のイメージによく似た感じだね~。


言われてみれば、確かにそんな感じがしますね!

派生するとどうなるのか?


go には 出発から移動、到着まで全体
get には 到着点 のみ

で、当てているスポットが違うということは
先ほど説明しましたが、

それでは、 この go と get が
派生するとどうなるのでしょうか?


go には出発から到着まですべてスポットが当たっています。
最初から最後まで ずっと続いているイメージですので、
「継続的」というニュアンスが含まれています。


一方、 get は到着点のみスポットが当たっています。
出発や移動にはほとんど重点が置かれていませんので、
「一時的・瞬間的」というニュアンスが含まれています。


今までのことをまとめるとこのようになります。

go : 出発点から途中、到達点まですべて (➡ 継続的なニュアンス)

get : 到達点 (➡ 一時的・瞬間的なニュアンス)

例を使って確かめよう

それでは、例を使って実際に確かめてみましょう。


get crazygo crazy はどう違うのでしょうか?
(crazy : 気が狂った、正気を失った)

セータ君
セータ君

get の方は、正気は失ってるけどそんなに長くなさそうかな。go になると、これからもしばらくは正気を失ったままってことになるのかな?


いいですね!

ちなみに、go には 継続的な悪い状態を伴う場合が多いです。


セータ君
セータ君

go bad (腐る) とか、 go bankrupt (倒産する) というのがあったけど、確かに悪い状態に go が付くの多いなぁ~。

一方、 get にはそういう悪い・良いという区別はなく

get excited, get sick, get ready のように
瞬間的な変化を表すのによく使われます。

おわりに


移動に関する go と get について
色々な視点からアプローチしてみましたが
いかがでしょうか?

いずれも基本単語ですが

意外な共通点や微妙な違いもあって
発見も多かったと思います。

最後に、これまでのことを
もう一度確認してみましょう。

go : 出発点から途中、到達点まですべて (➡ 継続的なニュアンス)
※ 継続的で悪い状態を表すことが多い

get : 到達点 (➡ 一時的・瞬間的なニュアンス)
※ 良い・悪いは区別せずに表すことができる


というわけで、今回のリサーチラボノートはここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

コメント

タイトルとURLをコピーしました