意外と数えられない!? TOEIC 頻出の不可算名詞

スポンサーリンク
名詞
スポンサーリンク

えっ!? この名詞って数えられないの!?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は不可算名詞をテーマに、
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

不可算名詞って、数えられない名詞のこと?


そうですね!

名詞にはいろんな分類がされていますが、
よく耳にするのが可算名詞・不可算名詞だと思います。

この辺りに関する出題は、
Part 5 と Part 6 でよくみられる印象です 。

名詞とはいっても、意識をしないと
間違えてしまうところがいくつかあります
ので
ここでしっかりとおさえておきましょう。

それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

名詞の種類

不可算名詞に入る前に、
まずは名詞の種類について簡単に見ていきましょう。

名詞には次のように 5 種類に分かれています。

  • 普通名詞
  • 集合名詞
  • 物質名詞
  • 抽象名詞
  • 固有名詞



そして、これら 5 種類の名詞を
可算・不可算での分類にすると
原則的に以下の表になります。

単語可算不可算
普通名詞 
集合名詞
物質名詞 
抽象名詞 
固有名詞 


セータ君
セータ君

集合名詞は可算にも不可算にもなるんだね!


そうですね!

名詞の中でも集合名詞はかなり特徴的で、
TOEIC だけでなく大学受験でも狙われやすいところです。

まずはこれらをおさえておきましょう。

不可算名詞の特徴

それでは、不可算名詞の特徴について
2 点ほど挙げてみようと思います。

予想がつくものではありますが、
Part 5・6 では重要なヒントになったりしますので
おさえておきましょう。

不定冠詞 a / an がつかない


特徴の一つ目は、
不定冠詞 a / an が付かないという点です。

water や oil といった物質名詞や
happiness, kindness といった抽象名詞なら
イメージが付きやすいと思いますが、
こういったものは原則的に数えることができません。


セータ君
セータ君

たしかに、「液体」とか「概念」みたいなものは数えられないよね!


ただ、捉え方次第では数えることも可能ですが、
基本的に「数えられない」と見たほうがいいかと思います。


一番基本的なところなので
必ずおさえておきたいところです。

複数形がない

「数えられない」ということは
「2 つ、3 つ…」のように複数としても数えられません。

よって、不可算名詞には複数形がありません

セータ君
セータ君

不定冠詞がつけられなくて、複数形がない…。それじゃあ、不可算名詞が主語になった場合だけど、そのときの動詞の活用はどうなるの?


不可算名詞は基本的に「単数形」で受けます

よって、現在時制の時は三単・現になりますので
is や has のように動詞の活用を忘れないようにしましょう。

当たり前だからこそ見落としやすい


セータ君
セータ君

よくよく考えると、これらって当たり前のことじゃないの?


たしかにその通りですね。

  • 不定冠詞の a / an が付かない
  • 複数形がない


基本中の基本と言っても過言ではないと思いますが、
これが意外と・・・見落としがちなところなんです。


TOEIC は時間との戦いなので、
あまり悠長に英文を見てはいられないはずです。

そうなると

  • 不定冠詞があるのに、不可算名詞の選択肢を選んでしまう
  • 不定冠詞がないのに、可算名詞単数の選択肢を選んでしまう


という可能性が出てきます。

セータ君
セータ君

あっ…そういうミス何回かあったかも…。確かに気を付けないといけないね…。



基本的でよく見るからこそ
見落としやすくミスしやすいところですので
意識していきましょう!

TOEIC 頻出の不可算名詞

TOEIC では、どんな不可算名詞が
よく出てくるのでしょうか?

表とともに見ていきましょう。

単語意味単語意味
information情報machinery機械類
baggage手荷物(総称)furniture家具
luggage手荷物(総称)equipment設備
advice助言、アドバイスjewelry宝石
clothing衣類moneyお金


セータ君
セータ君

えっ!? どれも数えられそうなものばっかりだよ!?



確かに、日本語では数えられそうなものばかりですね。

しかし、そういうイメージの強い単語でも
英語では不可算名詞というのが数多くありますので、
引っ掛かりやすくミスしやすいところです。

この辺りは特に意識して覚えていきましょう!

おわりに

今回は「不可算名詞」について
基本的なところを見ていきました。

単に名詞と言っても、種類があったり
数えられたり数えられなかったり

日本語では数えられそうなのに
英語では数えられなかったり

気を付けないといけないところが
色々あります。

また、それに付随して
不定冠詞や複数形の有無といった

基本的だけど、意外と見落としがちなところも
潜んでいます。

気を付けないといけないところがたくさんありますが、
是非とも意識して区別をして
TOEIC の得点アップへ繋げていきましょう!


それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント