現在形は本当に「現在」のことだけなのか?

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

あれ…? 英語の「現在形」って現在のことじゃないの?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「現在形」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

「現在形」って、一番最初に習うあの…?


まさに、最初に習うその「現在形」です!

「現在形」というと今現在のこと
イメージしそうではありますが、

日本語の現在の感覚と英語の現在の感覚は
だいぶ違っているようです。

それは一体どういうことなのか
早速見ていきたいと思います。


それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

現在形のイメージは?

それでは早速、現在形について
確認していきましょう!

英語での現在形のイメージは

過去もそうだったし、現在でもそうだし、
未来でもしばらくそうだろう


といった感じです。

セータ君
セータ君

だいぶ大雑把だけど、「時間に制約がない」ってこと?


そんな感じで大丈夫だと思います!

そのイメージから

「いつでもそうなる、そうする」
「ずっと変わらない」


のニュアンスが出てきます。


日本語の現在は、「今現在」のことだけなので
だいぶ違うのではないでしょうか?

英語のそうしたニュアンスから
次のことを表すときに現在形が使われます。

  • 現在の習慣
  • 現在の状態思考・感情
  • 普遍の真理、一般的な事実
  • 確定した未来の予定


それでは次から、現在形の使われ方を
見ていきたいと思います。

現在の習慣

「習慣」は過去にもやっていることですし、
それは現在でも、未来でも恐らくやることでしょう。

セータ君
セータ君

「普段」って言葉が合いそうだね!


そうですね!

特定の場合に限ってそうするのではなく
普段からそうしている事
であれば、
この現在形を使うのがピッタリです!

現在の状態

状態動詞 (be, love, think, know など) は
基本的に現在形で表します。


知っている、考えているのように
日本語にすると「~している」と
現在進行形にしそうではありますが

これらは始まりと終わりが明確でない動詞なので
始まりと終わりが明確にあるときに使う
現在進行形とは相性が悪いのです。

セータ君
セータ君

つまり、いつから始まっていて、それがいつ終わるのか分からない動詞は、原則的に現在進行形にはできないってこと?


その認識で問題ないと思います!

普遍の真理、一般的な事実

「地球は太陽の周りをまわっている」
「水は 100 度で沸騰する」

これらは「ずっと変わらない」ものです。
過去も現在もそれは変わらず、
未来でもきっとそうなるかと思います。

セータ君
セータ君

なんか、理科みたいな感じかも!


そうですね!

そういう理科のような普遍の真理や一般的な事実には、
現在形が使われます。

確定した未来の予定

このニュアンスは少し想像しにくいのですが

バスや飛行機の時刻表
店の開店・閉店時間


を思い浮かべれば分かるかと思います。

例文を見てみましょう。

This store opens at 10:00 a.m. (このお店は午前 10 時に開店する)


開店時間はもう時刻が決まっているので、起こることは未来でも
よほどの変更がない限りいつでもその時間にそうなります

よって現在形が使われるのです。

現在進行形との違い

現在形と良く比較されるのが現在進行形ですが、
その違いについて簡単に見ていきましょう。

始まりと終わりがあるか?

一番分かりやすい違いが

「始まりと終わりがあるか」

ということです。

現在進行形で相性がいいのは、read や run、 play などの
いわゆる動作動詞と呼ばれるものです。

「~しているところ」といった感じで、
動作をしている最中であれば現在進行形にすることが出来ます。

セータ君
セータ君

今している最中、途中というのが現在進行形のキーワードだね!



一方、現在形はそういう境界線がありません。

前述の通り、現在形は

過去でもそうしたし、現在でもしていて、
未来もそうするだろう


というニュアンスがあるので
動作動詞を現在形で使うと「習慣」の意味になります。

実は丁寧さの違いがある!?


これは意外かもしれませんが、
現在形と現在進行形には「丁寧さ」にも違いがあるんです!

セータ君
セータ君

え~!? そうなの!?



これは一体どういうことなのでしょうか?
早速見ていきたいと思います。

現在形は「いつでもそうなる」というイメージでしたね。

つまり、「いつでもそうなるよね」という直接的な言い方になり、
かなり押しつけがましくて高圧的なニュアンスになります。


一方、現在進行形は「始まりと終わりがある」というイメージから
「一時的」というニュアンスが生まれます。

「いつでもそうというわけではなくて、一時的なものですよ」
といった間接的な言い方になって、現在形より丁寧な言い方になります。

セータ君
セータ君

へぇ~!そんな違いがあったんだ!



そうすると、

I am hoping ~
I was wondering ~

といった、状態動詞に進行形という
一見間違っていそうな文でも正しく見抜けるようになります。

セータ君
セータ君

えーと…、「~を希望しております」とか「~ではないかと思っております」みたいな感じでいいのかな?

そうですね!

英語には敬語はないものの、
こういったイメージで丁寧を表現しているんですね!

現在進行形について詳しく知りたい方は
現在進行形は「~しているところ」だけではない!
の記事を併せてご覧ください。


おわりに

今回は「現在形」について少し掘り下げていきました。

一番最初に習う現在形ですが、
少し意外なものがあったのではないでしょうか?


また、現在進行形との違いにも少し触れ
丁寧さの違いも解説しました。


簡単に表にすると
以下の通りになります

文法(イメージ)動作動詞状態動詞
現在形
(いつでもそうなる)
習慣状態(考え・感情)
現在進行形
(最中・途中、一時的)
動作・変化の最中一時的な状態、変化の途中

※ 現在形より現在進行形の方が丁寧
※ 未来の形式は「時刻表」のイメージが現在形で、「スケジュール」のイメージが現在進行形

 


とはいえ、イメージが理解できれば

動作動詞、状態動詞関係なく
ニュアンスが理解できるかと思いますので
是非ともものにしてください!



それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました