to 不定詞は変装の達人? 3 用法の基本を総整理!

スポンサーリンク
不定詞
スポンサーリンク

to 不定詞ってどんな文法だったかな…?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「to 不定詞」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

to 不定詞って、中学の中盤あたりで習う文法だよね!


そうですね!


中学あたりにこの不定詞を習うと思いますが、
この不定詞を理解するのに結構苦労していませんでしたか?


一番の理由として、次のお馴染みの 3 つの用法で
to の使い方が大きく増えたことだと思います。

  • 名詞的用法
  • 形容詞的用法
  • 副詞的用法



さらに、習いたての頃を考えると
この不定詞は「今まで見たことがない英文の作り方」
次のような発想が新たに必要になってきます。

  • 2 語以上をカタマリとして見る
  • to 不定詞内でも文のようなものを作る



このことから、
この不定詞を理解するのに苦戦したのだと思います。

そんな to 不定詞ですが、
まずは一番基本的なところから
確認していきたいと思います。

この記事を見ると
次のようなことが分かるようになります。


  • to 不定詞の基本的な性質
  • ~的用法の「用法」とは何か
  • to 不定詞における 3 つの用法の基本的な使い方


是非とも最後までご覧くださいね!


それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

to 不定詞とその使い方

まずは to 不定詞について
軽くおさらいしておきましょう。

to 不定詞は

「to + 動詞の原形」

で作ることが出来ます。

そして、 to 不定詞にすると
動詞そのものとして使えなくなる代わりに
名詞・形容詞・副詞として使えるようになります。


セータ君
セータ君

to 不定詞って動詞が入っているけど、別の品詞に変身しちゃうんだね!


厳密にいうと、全く別物になるわけではなく
動詞の意味の名残がありますので、
どちらかというと「変装」に近いかと思います。

それでは、その変装した to 不定詞は
先ほど挙げた 名詞・形容詞・副詞として
それぞれどう使えばいいのでしょうか?

…というのを文法用語では
名詞的用法形容詞的用法副詞的用法
と呼んでいるわけです。

セータ君
セータ君

要するに、to 不定詞の「使い方」ってことだね!


というわけで、
次はその使い方について見ていきましょう!

名詞的用法

to 不定詞が名詞として使われる場合
「~すること」と訳します。


普通の名詞と同じように、文の要素でいうところの
S (主語)、O(目的語)、C(補語)
になれます


  • 主語  : To play tennis is fun.
  • 目的語 : She likes to play tennis.
  • 補語  : My hobby is to play tennis.



また、 to 不定詞の文が長い主語や目的語の場合
これを後ろに置いて、代わりに it を置く場合があります。

いわゆる、形式主語の it 、形式目的語の it
なんて呼ばれています。

セータ君
セータ君

形式主語と形式目的語の it に関してはすぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!



形容詞的用法

to 不定詞が形容詞として使われる場合
名詞を修飾するほか、補語にもなれます

  • 名詞を修飾  : I have a lot of work to do today.
  • 補語  : The man asked the woman to help him.


名詞を修飾する場合は「~する(ための)〇〇」
という訳し方をします。

形容詞ということで、
本来ならば名詞の前に置いて修飾します。

ところが、to 不定詞の場合は
名詞の「後ろ」に置いて修飾します


セータ君
セータ君

たしか、2 語以上で修飾するときは名詞の後ろに置くんだよね?


そうですね!
これは日本語にはない英語の語順のルールなので、
注意が必要です。

この辺りが曖昧だなと思ったら、

飾るのに限定する? 「修飾語」は結局何をする言葉なのか
英語は「前」に修飾するだけじゃない!記してあります。

すぐ下のボタンから該当場所へ飛ぶことができますので、
あわせて確認してください。



一方、 形容詞的用法で補語として使われる to 不定詞は

seem to do、 appear to do (SVC)
ask O to do、 expect O to do (SVOC)

といった、
高校でよく見かける構文がこれにあたります。

さらに、 O を主語にして

be asked to do , be expected to do

のように受動態になった構文もあります。

いずれも TOEIC でよく見かける構文なので
抑えておきましょう!


さらに詳しく to 不定詞の形容詞的用法を知りたい方は、
意外と複雑? to 不定詞の形容詞的用法を総整理
を併せてご覧ください。



副詞的用法

to 不定詞が副詞として使われる場合
「~するために」と目的を表す訳し方の
イメージがあるかと思います。

実際には、目的の他に原因、結果、条件など
様々な訳し方がありますが、

TOEIC では目的や原因を表す用法で
出題されることが多いです。

  • 目的  : I studied hard to pass the exam.
  • 原因  : I’m glad to see you again. (主に感情の原因)


また、目的を強調したいとき

To pass the exam, I studied hard.

といった感じで、コンマ付きで
いきなり文頭に持ってくるパターン
もありますので
文全体を見ながら解いていきましょう!

なぜ「不定詞」と呼ばれているのか


セータ君
セータ君

そういえば思ったんだけど、どうして「不定詞」って名前がついてるんだろう?


確かにそう感じる方が多いと思うので、
まずは本来の由来から説明していきたいと思います。

動詞は人称や時制によって形を変えるのは
ご存知の方が多いと思います。

三単現なら動詞の後ろに s や es を付けたり、
過去形や過去分詞なら ed や不規則活用させますが

動詞には「そういう形の変え方をするよ」という
ルールが定められている
とも言い換えることが出来ます。


ところが、この動詞に to がつくと
このルールの影響を受けなくなります。

ここで、to 不定詞の性質をもう一度
思い出していただきたいのですが、

to 不定詞は、動詞そのものとして使えなくなる代わりに
名詞・形容詞・副詞になれるもの
でした。

すなわち、 to 不定詞はもう動詞ではないので、
動詞の活用うんぬんの話が出来ないのです。


どんなに三単現やら過去形、過去分詞があっても
次のように、 to が付いた動詞は活用が出来ません。

  • She likes to plays(?) tennis. 
  • I decided to went (?) shopping to bought (?) some daily necessities.



ですので、この部分は原形にして
次のようにすると正しい文章になります。

  • She likes to play tennis.
  • I decided to go shopping to buy some daily necessities.


セータ君
セータ君

動詞の活用ルールに定められていないから「不定詞」ってことでいいのかな?


そうですね!

これが本来の不定詞の由来ではあるのですが、
個人的にはあまりピンと来ない感じです。

「to + 動詞の原形」という決まった形なので、
定まっている感じがするのに

英語ではこれを「定まっていない詞(ことば)」
と呼んでいるのでとてもややこしいですね…。

品詞が定まらないから「不定詞」説

なので、自分の場合は
品詞が定まらないから「不定詞」説
推していきたいと思います。

本来の由来が「動詞の活用ルールに定められてないから」
なのに対し、

こちらは「品詞が定まらないから」
という理由で考えています。

一体なぜこれを推しているのか
説明していきたいと思います。


例として、 to play を挙げてみましょう。

さて、いきなりですが
ここでひとつ質問です。

他の文も何もついていない to play だけの場合、
これはどの用法で使われているでしょうか?

セータ君
セータ君

「遊ぶこと」…? あれ、「遊ぶために」かな…?いや、「遊ぶための」もあるし…。うーん…これだけじゃ、どの用法で使われているか分からないなぁ…。


はい、そうなんです。

to 不定詞「単独」では分からず
どの用法で使われているのかは、
文章になってからでないと判断がつきません。

  • I want to play soccer.
  • He studied hard to pass the exam.
  • I have a lot of work to do.


こんな感じで、

to 不定詞は文章になって初めて
どの用法を使っているのか判断がつきます。

文章になるまではどの品詞になるのか定まらないので、
「不定詞」という名前である


…というのが自分の推している説です。

もちろん本来の由来ではありませんが
自分にとってはこちらの方が分かりやすいと思います。

どちらで不定詞を覚えるのかは自由ですので
覚えやすい方をお選びください。

おわりに

今回は「不定詞」
基本的なところを見ていきました。

「~すること」
「~するための〇〇」
「~するために」


少しずつ思い出してきましたでしょうか?


to 不定詞を見た時に
どの品詞で使われているのかをしっかり見極めて、

英語の構文を正しくとらえられるように
練習していきましょうね!

「勉強になった!」
「役に立った!」
「疑問が解決してスッキリした!」
…etc

もし、この記事が気に入ったと感じましたら
下にあります「GOOD ボタン」を
押していただけるとありがたいです!



それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

セータ君
セータ君

GOOD ボタンはこのすぐ下だよ!もちろん「この記事を見た」ということだけでも大歓迎!ぜひお気軽にポチっとしてね!

コメント