ニュアンスの合わせ技! 過去進行形が丁寧になる理由

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

過去進行形が丁寧になるってホント!?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「過去進行形」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

たしか、「~していたところでした」って訳すよね?


そうですね!

過去のある地点において
やっていた途中のことを表す
ときに過去進行形は
使われます。


それでは次の表現はどうでしょうか?

I was wondering if ~

セータ君
セータ君

これって TOEIC で時々見かける表現だよね。丸覚えしちゃってるけど、 とても丁寧なニュアンスがあるっていうことは覚えてるよ!


たしかにその通りです。

「よろしければ~したいと思っております」といった感じで
かなり丁寧な表現のフレーズです。

ですが、文を良く見てみると
wonder (~だと思う) という状態動詞にもかかわらず
進行形になっています


さらに、過去のことを言っていないのに
過去形にもなっています。

セータ君
セータ君

あれ? よく考えてみると確かにおかしいよね…? どうして過去進行形が丁寧な表現になってるんだろ…?


その秘密は、それぞれの持っているイメージが
合体したことにあります。

そのイメージとはいったいどういうものなのか
早速見ていきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

進行形のコアイメージは?

まずは、進行形のコアイメージから
見ていきたいと思います。

進行形は
現在進行形は「~しているところ」だけではない!
という記事に書きましたが

ここでもう一度確認していきましょう。


進行形は、

「始めたけどまだ終わってない」

というコアイメージがあります。

セータ君
セータ君

「最中」とか「途中」という言葉が一番合うかも!


そのイメージから、
次の意味に派生していきます。

動作の最中
一時的な状態
③ 変化の最中
④ ほぼ確定の未来・予定


そして、今回の記事で使われるニュアンスは
②一時的な状態 です。


この違いについては、現在形は本当に「現在」のことだけなのか?
の記事で現在形と比べながら書きましたが
ここで改めて書いていこうと思います。

進行形にすることによって、

現在形のにある「いつでもそうなるよね」
というニュアンスではなく

「一時的ですよ」といったニュアンスになり
間接的に表現できます

セータ君
セータ君

進行形は「一時的」というニュアンスで丁寧さを表現するんだね!

過去形のコアイメージは?

次に過去形のコアイメージを
見ていきたいと思います。

過去形に関する記事は
過去のことだけではない! 過去形が表す共通のイメージとは?
で詳しく書いていますが

ここでもう一度確認していきましょう。



過去形のコアイメージは

「距離感」

です。


その「距離感」から次のニュアンスに
派生していきます。

「時間的」な距離 : 過去形
「心理的」な距離 : 丁寧な言い方、自信のなさ
「現実的」な距離 : 仮定法




そして、今回のような表現で使うニュアンスは
②「心理的な」距離です。


相手の心理的な距離を置くことによって
丁寧さを表しています。

セータ君
セータ君

過去形の「距離感」を使って丁寧さを表現しているんだね!


過去形と進行形の合わせ技

ここまで来れば、冒頭の

I was wondering if ~

のフレーズで

なぜ過去進行形が丁寧になるのか
一気に分かってくるのではないでしょうか?

進行形の持つ「一時的」なニュアンス
それはいつものことではないですよ
と間接的に表現しつつも

過去形の持つ「距離感」
相手との心理的な距離を取っています。


I wonder よりも 「一時的」なニュアンスを足した
I am wondering の方が丁寧で、

その丁寧な I am wondering よりも、
「距離感」のニュアンスをを足した I was wondering の方が
より丁寧であることが分かります。

セータ君
セータ君

なるほど~!二つとも丁寧なニュアンスがあるんだね!それが合体したらものすごく丁寧になるのも頷けるかも!

おわりに

今回は「過去進行形」について
少し掘り下げていきました。

過去進行形というと、
「過去の地点における動作の途中」
というイメージが強かったと思いますが


過去形の持つ「距離感」と
進行形の持つ「一時的」の合わせ技で
より丁寧な表現になる



というのは、
なかなか興味深かったのではないでしょうか?


もし、過去進行形の文で
過去の動作の最中のニュアンスでは
なさそうだと思ったら

この丁寧表現を次に思い浮かべてみてください!


それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました