動名詞は職人気質? 基本的な性質と使い方

スポンサーリンク
動名詞
スポンサーリンク

動名詞って動詞なの?それとも名詞なの?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「動名詞」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

動名詞は to 不定詞とだいたい同じ
中 2 で習う文法です。


これも to 不定詞と同様

「2 語以上をカタマリとして見る」
「動名詞のカタマリで文を作る」


といったことが
要求されます。


動名詞は名詞の機能しかなく、
to 不定詞ほど器用ではありませんが、

名詞としての性質は to 不定詞より
強く出ているのが特徴です。


そんな 動名詞ですが、
まずは一番基本的なところから
確認していきたいと思います。

また、動名詞に関する記事をもっと見たいという方は
すぐ下の「あわせて読みたい」をご覧ください。



それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

動名詞とその使い方

まずは 動名詞について
軽くおさらいしておきましょう。

動名詞は
動詞に ing をつけること
で作ることが出来ます。

そして、 動名詞にすると
動詞そのものとして使えなくなる代わりに
名詞として使えるようになり
ます。


セータ君
セータ君

to 不定詞はいろいろなれるけど、動名詞は「名詞」しかならないのか~


確かに動名詞は「名詞」として働きますが、
こちらも to 不定詞と同じく
動詞の意味と性質の名残があります


それでは、動名詞がどんな感じで使われているのか
そして、どういう性質があるのか見ていきましょう!

動名詞の用法

動名詞は名詞として使われる場合
「~すること」と訳します。

普通の名詞と同じように、文の要素でいうところの
S (主語)、O(目的語)、C(補語)
になれます

主語  : Playing tennis is fun.
目的語 : She likes playing tennis.
補語  : My hobby is playing tennis.


動名詞の基本的な作り方と用法はこれだけなのですが
ここでよく比べられるのがto 不定詞の名詞的用法です。

特に、両者が 目的語を取る場合での比較が
TOEIC のみならず大学入試でもよく出るところです。

セータ君
セータ君

どういったものがよく出るの?


かなり有名だとは思いますが

  • 不定詞しか目的語をとらない動詞
  • 動名詞しか目的語をとらない動詞
  • 両方ともとれる動詞
  • 両方とれるけどどれかによって意味が変わる動詞


こういうの聞いたことありませんか?

セータ君
セータ君

あっ! それってよく聞くよね!



今回は基本的なところだけですので
この記事内では割愛したいと思います。

セータ君
セータ君

動名詞と不定詞の違いに関する記事については、すぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!




ということで、その不定詞との違いの中でも
比較的簡単なものを紹介していこうと思います。

前置詞の目的語になることが出来る

一番分かりやすい違いは
「前置詞の目的語になれるかどうか」です。

動名詞は前置詞の目的語になれるのに対し、
名詞的用法の不定詞は基本的にそういうことが出来ません。

〇 I’m good at cooking. (動名詞)
× I’m good at to cook.(不定詞


動名詞はしっかりと名詞としての働きが
あるようですね!


一方、不定詞は名詞としては使えるものの
この文だと前置詞が連続してついている感じなので
相性が悪いのかなといった印象です。

to 不定詞と間違えやすい慣用表現

最後に to 不定詞と間違えやすい
動名詞の慣用表現を紹介します。

予想がつくと思いますが、
この慣用表現には to が入っているのが特徴です。

動名詞の選択肢を入れるのが正解ですが、
他の選択肢に動詞の原形を入れて
ひっかけようとする問題があります。

簡単な例文ですが、
例えばこんな感じで出題されることがあります。

I’m looking forward to ______ you again.

(A) see
(B) seeing


この辺りが曖昧だと、
例文の to を不定詞だと勘違いして
(A)を選んでしまいそうですね。

正しくは、 look forward to ~ing で使われる
(B)の選択肢です。

セータ君
セータ君

こういうのはホントに引っかかっちゃうから、気をつけようね…。



それでは、これと同じ形式の慣用表現を
表で紹介していこうと思います。

動名詞の慣用句意味
look forward to ~ing~することを楽しみにしている
be used/accustomed to ~ing~することに慣れている
object to ~ing~することに反対する
when it comes to ~ing~については
be devoted to ~ing~に没頭する

 

しっかりと覚えて、
自信をもって正しい選択肢を選べるようにしてくださいね!

おわりに

今回は「動名詞」
基本的なところを見ていきました。

「~すること」
としか訳すことが出来ませんが、

to 不定詞にはできないことが
動名詞には出来ることがあることも
お伝えいたしました。

あとは to 不定詞と間違えやすい
動名詞の慣用句についても
紹介しました。

これで不定詞と動名詞の
基本的なことは終わりましたので、

次回以降、少し複雑な文構造
動名詞と不定詞の違いについての紹介
応用編を書いていこうと思います。

記事が出来次第リンクを張っておきますので
お楽しみに!


それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました