使役動詞は「原形不定詞」にだけとるのか?

スポンサーリンク
文型
スポンサーリンク

使役動詞ってどんな構造だったかな?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「使役動詞」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

使役動詞って、 let とか make があったような気がするけど…?


そうですね!


使役動詞の文構造はやや特殊な形をしているので、
他の文法と比べると少し戸惑うところかと思います。


しかしながら、TOEIC でも聞いたり目にしたりしますし
問われるところでもありますので、しっかりおさえておきましょう。


この記事を見ると
次のようなことが分かるようになります。

  • おさえておきたい使役動詞の基本事項
  • 文型からアプローチした使役動詞の文構造
  • C を取れる原形不定詞以外のもの
  • 使役動詞のように使えるそのほかの動詞


是非とも最後までご覧くださいね!

それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

使役動詞の基本


まず、使役動詞の「使役」とはどういう意味か
確認していきたいと思います。

使役は、ある行為を他人に行わせることを表す言い方で、
「誰かに何かをさせる」というのが基本的な意味になります。



そして、基本となる文構造は

使役動詞 + 目的語(O)+ 原形不定詞 (V)

です。


「原形不定詞」とは言いますが、

to 不定詞から to が見えなくなって
「外見上原形に見えるもの」


と考えれば問題ありません。


まずは、この基本的な意味と構文を
頭に入れておきましょう!


これを踏まえたうえで、
使役動詞はどんなものがあるのか
見ていきたいと思います。

基本的な使役動詞

まずは、よく使われる使役動詞を
確認していきたいと思います。

動詞意味
make(強制的に)~させる
have(当然のことを)してもらう
let(自由に)~させる、~するのを許す

 

セータ君
セータ君

使役動詞といえば、この 3 つだね!


例文で確認してみましょう。

Let me check the schedule.
(スケジュールを確認させてください)


TOEIC のリスニングで聞くフレーズを
持ってきました。

let という使役動詞がありますね!

そして、その後の文構造に注目してみると
me (目的語)、check (原形不定詞)の順に
並んでいます。

check は、本来であれば不定詞の
to check の方が文の構造的に合っているのですが

使役動詞の場合は to を付けないで、
単に check という形になります。

セータ君
セータ君

使役動詞の文構造は、普段とはちょっと違うんだね!

使役動詞は第五文型をとる


使役動詞の構文は、「文型」という観点から見ると
第 5 文型(SVOC) をとっているのが分かります。

ask O to do (O に ~ するように頼む) や
want O to do (O に ~ してほしい)

のような構文と同じ感じになりますね。

セータ君
セータ君

それってどういうこと?


それでは順番に説明していきますね!

まずは先ほど挙げた、

ask O to do (O に ~ するように頼む) や
want O to do (O に ~ してほしい)

の構文から見ていきましょう。


これも SVOC の文型で、
C が to 不定詞の名詞的用法に代わったもの
と思えば問題ありません。

「O に~する」「O に~してほしい」
と訳があるように、

動作をするのは目的語のほうです。

目的語 (O) がする (to do) ので
O と to do の間に主述関係が成り立ちます。

したがって、これらの構文は
SVOC の第五文型です。


セータ君
セータ君

この構文は、「O がする」っていうのがポイントなのかな?


そうですね!

使役動詞でもこの考え方が当てはまりますので、
これを踏まえて確認してみましょう。

「使役」という意味をおさらいすると、
「ある行為を他人に行わせること」でした 。

それでは、その「ある行為」を
行っている動作主は誰でしょうか?

セータ君
セータ君

「他人」になるのかな?


そうですね!

そして、その「ある行為」が原形不定詞にあたり、
その動作主は目的語にあたります。

つまり、
「目的語(O)がする(原形不定詞)」
というわけです。

セータ君
セータ君

あ! さっきの ask O to do 、want O to do と同じような感じになった!


そうですね!

これも同様に
O と 原形不定詞(do)の間に
主述関係が成り立つので

使役動詞の構文は、
SVOC の第五文型ということが分かります。

C を取れるのは原形不定詞だけじゃない!


ここまでは、基本構造として

使役動詞 + 目的語(O)+ 原形不定詞 (V)

を見てきました。


しかしながら、 C を取れるものは
原形不定詞だけではありません。

他にも 現在分詞過去分詞があり、
使役動詞ごとに使えるものと使えないものがあります。

さらに、使役動詞を受動態の形にしたいとき
to を復活させて、不定詞にする必要があります

セータ君
セータ君

う~ん…。ややこしいね…。


たしかにややこしいので、
表にしてまとめてみました。

使役動詞原形不定詞不定詞現在分詞過去分詞
make〇(受動態)×
have×
let× ※××

※ let を受動態にするときは let を allow に変えて be allowed to の形にすれば可


例文を見てみましょう。

I had my computer repaired
(私は自分のコンピュータを修理してもらった)


少し難しそうに見えますが、

使役動詞は SVOC の文型を取る
ということを意識しながら見てください。

セータ君
セータ君

O と C には主述関係が成り立っているから、「私のコンピュータ」が「修理された」っていうことになるのかな?


そうですね!

分詞が C になっている場合、
目的語の態(する側かされる側か)を
考える必要があります。

いろいろややこしいルールがある使役動詞ですが、

C を取るのは原形不定詞だけではないということは
頭に入れておいてください。

その他の使役動詞

基本的な使役動詞は make, have, let ですが、
他には get, help も使役動詞になることがあります

ただし、こちらは少し特殊な使役動詞です。
それぞれ見ていきましょう。

get

get の使役動詞としての意味は
「(説得やお願いをして)~してもらう」
です。

こちらは、原形不定詞に C を取れないが
不定詞なら取れる
という

使役動詞らしからぬ特徴を持っています。

また、C には分詞も取ることが出来ます。

help

help は使役動詞にすると「(手助けして)~させる」
という意味になります。

こちらは、C にとれるものとして
原形不定詞、不定詞両方ともOK
という特殊な特徴をしています。

また、get や have のように
分詞を C に取ることが出来ないので
注意が必要です。

おわりに

今回は「使役動詞」について見ていきました。

普段の文構造では見られない特殊な形をしていますし
TOEIC でも出題されているのが割とあるので
しっかりとおさえておきましょう!

今まで紹介した使役動詞を表にしてまとめましたので、
最後に確認してみたいと思います。

使役動詞原形不定詞不定詞現在分詞過去分詞
make〇(受動態)×
have×
let× ※××
get×
help××

※ let を受動態にするときは let を allow に変えて be allowed to の形にすれば可

「勉強になった!」
「役に立った!」
「疑問が解決してスッキリした!」
…etc

もし、この記事が気に入ったと感じましたら
下にあります「GOOD ボタン」を
押していただけるとありがたいです!


それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

セータ君
セータ君

GOOD ボタンはこのすぐ下だよ!もちろん「この記事を見た」ということだけでも大歓迎!ぜひお気軽にポチっとしてね!

コメント