前置詞は「そもそも」どんな役割をする品詞なのか?

スポンサーリンク
前置詞
スポンサーリンク

前置詞ってそもそも何だろう?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「前置詞」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

前置詞って on とか at みたいな…?


そうですね!

英語では見かけないことはほとんどない
と言っていいほど前置詞はよく出てきます。

しかも、前置詞の意味は
目が回ってしまうほど多種多様であることは
ご存知かと思います。


その多種多様な意味を覚える…
ということをしてもいいのですが、


今回はそれ以前に
前置詞は「どんな役割」をするのか
見ていきたいと思います。


何となくで使われがちな前置詞ですが、

今一度整理してその「何となく」から
一歩踏み出していきましょう!


それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

前置詞ってそもそも何?


まずは、前置詞とはいったい何なのでしょうか?
言葉の意味から見ていきましょう!

とはいえ、
そんなに難しくはありません。

「前に置く詞(ことば)」

と書いて前置詞なんです。

セータ君
セータ君

へぇ~!そのままの意味なんだ!



それでは、
前置詞はどの品詞の前に置かれるのでしょうか?

セータ君
セータ君

in the morning とか at 10:00 みたいに言うから、「名詞」の前かな?


その通りです!

前置詞は、名詞の前に置く言葉
ということが分かりましたね!

よく見かけるのでご存知かとは思いますが、
まずはこのことを頭に入れておいてください。

前置詞はどんな役割をするのか?


ここまでで、前置詞は名詞の前に置く言葉
ということが分かりました。

それでは、この前置詞は名詞の前に置いて
どんな役割をしているのでしょうか?

セータ君
セータ君

うーん… 改めてそう言われると良く分からないかも…。


名詞の前に置くということは分かるけど、
どんな役割をするのかまでは良く分からない

というのは結構あるあるなことかと思いますので、
ここでしっかり押さえておきましょう!


前置詞は、
名詞とセットになって一つの大きなカタマリとなり
場所・時・手段などを表します。


そして、そのセットになったカタマリは
形容詞か副詞の役割をします。


セータ君
セータ君

形容詞と副詞って、確か言葉を詳しく説明するものだったよね?


そうですね!

「形容詞」は「名詞を詳しく説明」して、
「副詞」は「動詞や形容詞、その他の副詞を詳しく説明」するものでした。

これらをまとめて修飾語と言います。

修飾語に関することは
飾るのに限定する? 「修飾語」は結局何をする言葉なのか
にも書いてありますので、
詳しく知りたいという方は併せてご覧ください。

例文

前置詞を使った例文を見てみましょう

customers with a coupon (クーポン券をお持ちのお客様)


with という前置詞があります。

そして、その後は a coupon と
名詞が続いていますね。

前置詞は名詞とセットになって
一つの大きなカタマリになるので、

with a coupon で
一つの大きなカタマリとなります。

そして、その大きなカタマリは
その前の customers を説明しています。

セータ君
セータ君

確か、2 語以上のカタマリは後ろに置いて修飾するんだっけ?


そのとおりです!

2 語以上の場合は後ろに置いて説明する
というのが英語の特徴に挙げられます。

よく見かけると思いますが、この性質も
頭に入れておきましょう!

それを踏まえて、話を戻しますと

customers は名詞なので、
それを説明する品詞と言えば形容詞ですね。

よって、この with a coupon は
形容詞であることが分かります。

こんな感じで「前置詞 + 名詞」を見ていきます。

セータ君
セータ君

副詞の場合はどうするの?


副詞も同様なことをすれば問題ありません。

大抵は「動詞」を説明しているので
そのあたりに着目してみましょう!

ただ、副詞の場合は

いつ、どこで、誰と、どうやって

説明の仕方が多岐にわたるので
複数の「前置詞 + 名詞」が文中に置かれることがあります。

そのあたりは注意していきたいですね。


ちなみに、 「前置詞 + 名詞 」で構成されている
主述がないカタマリのことを 「句」
と言います。


そして、その句が

形容詞の役割をしている場合は「形容詞句」
副詞の役割をしている場合は「副詞句」


とそれぞれ呼びます。

「句」に関する記事は
文のカタマリの中身は? 句と節の違い
に書きましたので、

併せてご覧ください。



おわりに

今回は「前置詞の基本」について
見ていきました。

前置詞は何となくなら分かるけど
どんな役割をする品詞なのかは
あまり良く分からない

というのはよくあることだと思います。

今回の記事で、

何となく見ていた前置詞も
少し文の構造が理解できるように
なったのではないでしょうか。

前置詞を見つけたら、
名詞とセットにして語のカタマリにし、

それが形容詞の役割をしているのか
副詞の役割をしているのかを意識しながら
英文を読んでみてください!



それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました