存在?移動? 第一文型(SV)で使われる動詞を総整理

スポンサーリンク
文型
スポンサーリンク

SV で使われる動詞ってどんなのがあるのかな?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!


今回は「第一文型」について
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

第一文型ってたしか、 SV だったよね?



そうですね!

第一文型は、主語と動詞だけで文が成り立つ
一番シンプルな文型です。

その第一文型について軽く説明をしながら
使われる動詞がどんなものがあるのか
見ていきたいと思います。

この記事を見ると
次のようなことが分かるようになります。

  • 第一文型(SV)はどんな文型なのか
  • 第一文型で使われる動詞の意味の傾向とそれらをグループにした単語


是非とも最後までご覧くださいね!

今回この記事で紹介する動詞は、
実はこんなことが分かる! 5 文型に潜む大きなメリットとは
の続きとして、

傾向が高いとされている意味を
グルーピングした構成
になっています。

もちろん例外も存在して、第一文型をとる動詞が
全てこのグループに入るとは限りません。

あくまで参考程度にとどめて
単語を覚えてください。




それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

第一文型とはそもそもどんな文型か?

まず、第一文型について確認しておきましょう。

第一文型は、主語と動詞それぞれ 1 つだけで文が成り立つ
一番シンプルな文型です。

いわゆる SV と呼ばれるもので
「S は V する」といった感じに訳します。

Time flies.(時間は飛ぶ → 光陰矢の如し)
He walks. (彼は歩く)


補語も目的語もなく、主語と動詞だけという
とてもシンプルな構文ですが、これでも文として成り立っています。

この文型で成り立つ動詞を「自動詞」と呼びます。

セータ君
セータ君

確かにそうだけど、 SV だけっていう文章はあんまり見ないよね…?



そうですね。

2 語だけの純粋な SV の文は
どちらかというとあまり見ないのではないでしょうか。

その代わり、副詞や副詞句(副詞の役割をする数語のカタマリ)などの
修飾語(M : Modifier)が色々と付いている
SVM という形がほとんどかと思います。

The store opens at 10:00.(その店は 10 時に開店する)
He stayed at a hotel yesterday. (彼は昨日ホテルへ泊まった)

※ 修飾語(M)は下線部で示してあります

セータ君
セータ君

そうそう! こんな感じの文だよね!


副詞や副詞句で詳しく説明する方法(修飾の仕方)は
非常に多岐にわたりますが、

その中でも

  • いつ(today, yesterday, at 10:00 などの時間
  • どこで(there, at the hotel などの場所
  • どうやって(by car, with a pencil などの手段


あたりは、

見かけないのはほとんどないというほど
かなり頻繁に登場します。

そして、その修飾する先ははたいてい動詞です。

The store opens at 10:00.(その店は 10 時に開店する
He stayed at a hotel yesterday. (彼は昨日 ホテルへ泊まった)


2 番目の例文は、複数の M (副詞と副詞句)がありますが
両方とも stayed を修飾しています。

セータ君
セータ君

昨日泊まった」でも「ホテルへ泊まった」でも文として成り立ってるから大丈夫だね!


もし、修飾語というのが何なのか分からなかったり
副詞がどういうものか分からないという場合は

飾るのに限定する? 「修飾語」は結局何をする言葉なのか
なくても大丈夫? 副詞の基本を総整理してみた

で今一度ご確認ください。



ここまでが、第一文型のおおまかな説明になります。
基本的かつ重要なことですのでしっかりおさえておきましょう。

SV で使われる動詞

それでは、ここから SV で使われる
動詞を紹介していきます。

実はこんなことが分かる! 5 文型に潜む大きなメリットとは
で紹介したものを SV だけもう一度確認すると、
次の表になります。

 

文型傾向が強い意味
SV存在【いる・ある】
 - 住居【住んでいる】
 - 滞在【泊っている】

移動【往来発着】

 

全体像を把握するという目的で
あえて絞って記していましたが、

この記事では、さらに詳しいところまで
紹介していこうと思います。

その紹介するグループは、存在・移動から連想できるもので
次のような動詞も SV で使われています。

  • 出現消滅
    →「存在」に関わる
  • 開始・継続・終了
    →「出発」を「開始」、「到着」を「終了」と見立てる
    → その間のプロセスを「継続」と見立てる
  • 変化・増減
    → 「移動」を「変化」と見立てる
    → 数量が「変化」すると「増減」になる


これらを総合して
それぞれ紹介していきます。

存在系

まずは、存在系の動詞から見ていきます。

存在というと「ある」「いる」といった意味がありますが
そういった動詞が SV で使われる傾向があります。

そこから連想していくと
「住んでいる」「泊っている」「残っている」というのも
存在系の仲間に入りそうですよね。

 

動詞意味備考
be~にいる「~である」は SVC
exist存在している 
lie横になる、~に位置する 
stand立っている 「立たせる」は SVO
stop止まる「止める」は SVO
live住んでいる 
reside【かたい】住居する 
dwell【かたい】住居する 
stay泊まる、留まる 
remain残る、留まる 「~の(状態の)ままでいる」は SVC

 

「ある」「いる」という意味から
「住んでいる」「泊っている」「残っている」
という連想をしましたが、

その他にも「留まる」や「横たわっている」等
いろいろ挙げられそうですね。

丸暗記に走りそうではありますが、
こういった連想を通して似た意味を見つけて
それらをグルーピングで覚えたほうが
しっかりと定着すると思います。

移動系

次は、移動系を見ていきましょう。

「移動する」はもちろんのことですが、
「行く」「来る」「出発する」「到着する」
この移動系に入ります。

他にも、移動系にはどんなものがあるのか
色々連想をしてみましょう!

 

動詞意味備考
go行く、進む「~(悪い状態)になる」は SVC 
walk歩く 
run走る「走らせる、経営する」は SVO 
move移動する「移動させる」は SVO 
come来る「~(いい状態)になる」は SVC 
depart出発する 
leave出発する、去る「~のままにする」は SVOC 
start出発する 
arrive到着する 
swim泳ぐ 
dive潜り込む 

 

セータ君
セータ君

「走る」とか「泳ぐ」も移動系なんだね!


そうですね!

ここまでで気づいた方がいるかもしれませんが、
未知の単語に対する推測は出来ても
完全に当てることは難しいです。

「存在する」「移動する」
というところまでは分かるのですが、

「どうやって」「どんな感じに」という
細かいところは分か
りません

そのあたりは、前後の言葉や
前置詞・副詞のイメージから総合して
推測する必要があります


セータ君
セータ君

なるほど…。推測にも限界というのはあるんだね…。



たしかに、万能とまではいかないと思いますが
使い方次第ではとても役に立つ考え方です。

特に、グルーピングで単語を覚えるときは
効果を発揮するので是非とも取り入れてみましょう!

ここからは
実はこんなことが分かる! 5 文型に潜む大きなメリットとは
では紹介しなかったものを一気に紹介していきます。

紹介の前にもう一度確認しましょう。

  • 出現消滅
    →「存在」に関わる
  • 開始・継続・終了
    →「出発」を「開始」、「到着」を「終了」と見立てる
    → その間のプロセスを「継続」と見立てる
  • 変化・増減
    → 「移動」を「変化」と見立てる
    → 数量が「変化」すると「増減」になる

出現・消滅系

まずは「出現・消滅系」の動詞です。

出現も消滅も「存在」に関わる動詞です。

存在していなかったものから存在するのが「出現」
存在していたものから存在しなくなるのが「消滅」

と考えると分かりやすいかもしれませんね。

 

動詞意味備考
appear出現する「~のように見える」は SVC
emerge出現する 
show現れる「見せる」は SVO
arise〈問題・困難などが〉起こる 
disappear消滅する 
vanish【かたい】消滅する 
die亡くなる 

 

開始・継続・終了系

次は、「開始・継続・終了系」の動詞です。

これは、「移動系」のうちの
「出発」と「到着」から連想できそうですね。


「出発」を「開始」、「到着」を「終了」と見立てて
その間のプロセスを「継続」と見立てる

分かりやすいのではないでしょうか。

 

動詞意味備考
start / begin始まる 「始める」はSVO
last続く 
continue続く「続ける」は SVO
follow続く 
endure持続する「我慢する」は SVO
end / finish終わる「終える」は SVO
result(結果として) ~に終わる 

 

変化・増減系

最後に、変化・増減系の動詞です。

「移動」は「移」という漢字がありますが、
これには「変わる」という意味がありますので
「変化」という言葉にピッタリではないでしょうか。

そして、「増減」は数量が「変化」すると考えると
分かりやすいかと思います。

 

動詞意味備考
change変わる 「変える」は SVO
vary(色々に) 変わる 「変える」は SVO
increase増える、増加する「増やす」は SVO
grow成長する 
fall落ちる、下がる 
decrease落ちる、減少する 
decline衰える 

 


ここまででたくさん単語が登場してきましたね。

面倒だから丸暗記に走りそうではありますが、
闇雲にやっていてはすぐに限界が来てしまいます。

繰り返しますが、連想とグルーピングを駆使して
関連付けて覚えていきましょう!



おわりに

今回は 「第一文型で使われる動詞」について
紹介していきました。


第一文型で使われる動詞は紹介したもの以外にもありますので、
同じような意味の第一文型で使用される動詞を見つけたら
各自で適宜追加をして覚えていってください。

第一文型で使用される動詞が紹介したグループ内に
すべて分類されるわけではありませんが、

その点を理解していれば
「文型で意味が推測できる」というメリットはとても大きいです。

大変そうに見えますが、同じ意味ごとにグルーピングを行い
セットで覚えたほうが丸暗記よりもはるかに効果的です。

連想とグルーピングをうまく使いこなして
効率よく単語を覚えていってくださいね!

「勉強になった!」
「役に立った!」
「疑問が解決してスッキリした!」
などなど

もし、この記事が気に入ったと感じましたら
下にあります「GOOD ボタン」を
押していただけるとありがたいです!


というわけで、今回はここまで!
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye!

セータ君
セータ君

GOOD ボタンはこのすぐ下だよ!もちろん「この記事を見た」ということだけでも大歓迎!ぜひお気軽にポチっとしてね!

コメント