まとめて覚えよう! 優劣比較を使った慣用表現 Part 2

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

no と not ってそんなに違うの!?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「比較」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

英語で比較する方法は

A と同じくらい … だ
A より … だ
A の中で一番 … だ


この 3 つがあります。


セータ君
セータ君

確か、as とか -er, -est みたいなものを使うんだよね?


そうですね!

長い単語の場合は
more, most を付け加えたり

better, best や worse, worst みたいに
不規則な変化をするものもあります。


これらを駆使して比較文を作るのですが、

「as ~ as を使えばできる」
「er, est を使えばできる」

のように
何となくで済ませていませんか?

その「何となく分かる」から
「しっかり分かる」へレベルアップするため

どこに注目して作ったり読んだりすればいいのか
作るときや読むときに何を気を付ければいいのか


というポイントを重点的に書いてみようと思います。

そのため、er や est のような活用は分かっているものとして
ここではいったん割愛しますのでご了承ください。

また、比較はシリーズとして
何回かに分けて書きたいと思っております。

その第 8 回として
優劣比較の慣用表現
を見ていきたいと思います。

そして、優劣比較の慣用表現では
パート 2 という事になります。

セータ君
セータ君

他の比較シリーズの記事は、すぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!




それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

比較級における no と not の違い

早速紹介していきたいところですが、
これから紹介する優劣比較の慣用表現は
かなりややこしい訳をするものです。

その際に no が登場しますが、
そのややこしい訳を攻略するためには
この概念を理解する必要があります。

そしてそれと似ている not とはどう違うのか
見ていきたいと思います。

ただし、ここでの no と not は
「比較級で使うもの」とします。

セータ君
セータ君

no と not って同じに見えるけど、そんなに違うの?


たしかに同じ否定を表す no と not なので
どれも同じように見えるのですが、
実は否定の仕方が全然違うんです

セータ君
セータ君

えっ!? それってホント!?


では、どう違うのでしょうか?

結論から言うと、

比較級の前に not を置くと「差が逆転」して、
no を置くと「差がゼロ」になります。


セータ君
セータ君

へぇ~!そんな違いがあったんだ!


例文で確認していきましょう。

She is taller than I am. <接続詞バージョン>

★ not を付けたパターン
She is not taller than I am.

★ no を付けたパターン
She is no taller than I am.


彼女と私で背の高さを比べている例文ですね。

最初の例文では、背の高さは「彼女 > 私」です。

では、この例文で比較級の前に
not をつけるとどうなると思いますか?

セータ君
セータ君

えーと…。 not は 差が逆転するんだから、背の高さは「彼女 < 私」になるのかな?


そうですね!

not をつけて
She is not taller than I am. にすると

「彼女は私より背が高くない」という意味になるので、
言い換えると「彼女は私より背が低い」という事になります。


今度は比較級の前に no をつけるとどうなるでしょうか?

セータ君
セータ君

今度は差がなくなる no だから、背の高さは「彼女 = 私」?


そうですね!

no をつけて
She is no taller than I am. にすると、

「私より背が高い」という事は「全くない(no)」
という意味になります。

ここでは、比較級と than の両方を
否定にした読み方にすると分かりやすくなります


例文でいうと、 tall が no で否定されて short
than にある「差」も no で否定されて「差がない」
といった感じになります。


これらをまとめると

彼女は背が高いという事は全くなくむしろ背が低い
どのくらい背が低いかというと私と同じくらい

といった感じでしょうか。


書き換えるとするなら、
no 比較級 than ≒ as 反意語の原級 as
のような感じになるかと思います。

セータ君
セータ君

no と not でこんなに意味が違ってくるんだね!


これを踏まえたうえで、
今回の優劣比較の慣用表現を見ていきましょう!

no more ~ than …

no more ~ than …
「~ないのと同様に…でない」という意味の
慣用表現です。


この構文で有名なものと言えば
「クジラ構文」と呼ばれているものですね!

セータ君
セータ君

「クジラ構文」ってなに?


クジラ構文というのは、

no more ~ than … を説明するときに
よく登場する有名な構文です。


次の例文をご覧ください。

A whale is no more a fish than a horse is.
(馬が魚でないと同様に、クジラも魚ではない)



ご覧の通り、クジラが主語になっていますよね!
この構文が有名になっていることから、

no more ~ than … が
「クジラ構文」と呼ばれている所以なのです。

セータ君
セータ君

なるほど~!これが「クジラ構文」なんだね!


この構文を理解するときに注意しておきたいのが、

than 以下の比較対象には次の二つの条件が満たされるものを
持ってこなければいけないという事です

  • 明らかに間違っていること、あり得ないこと
  • 話し手も聞き手もそれを認識していること


クジラ構文で確認してみましょう。

A whale is no more a fish than a horse is.
(馬が魚でないと同様に、クジラも魚ではない)


ただ、このままだと分かりにくいので少し手を加えます。

同等比較や優劣比較のところで説明したかと思いますが、
比較は 2 文でできています。

そのうち 2 文目において 1 文目と共通している語は
省略されるのでした。

よって、このクジラ構文を省略せずに書くと

A whale is no more a fish than a horse is a fish.

となります。

セータ君
セータ君

クジラ構文でも、原則は同じなんだね!


ということで、 2 文目の a horse is a fish を
検討していきましょう。

「馬は魚である」という意味になると思いますが、
これは明らかに間違っていますよね。

おそらく、みんなそう認識するかと思います。

セータ君
セータ君

そのくらいあり得ないことを than 以下に持っていくんだね!


準備が長くなりましたが、いよいよ読み解いていきます。

最初の A whale is no more a fish の部分は

「クジラはより(more) 魚である」ということは「全くない(no)」
という事になるので、

これらを言い換えると、「クジラは全く魚ではない」
といった感じの意味になるかと思います。

セータ君
セータ君

more は プラスのイメージで no は マイナスのイメージだから、それを掛け合わせた no more にするとマイナスのイメージがありそうだね!


そんな感じで覚えると分かりやすいかもしれませんね!

話を戻しまして、2 文目の方も読み解いていきましょう。

than a horse is (a fish) も no で否定されるので
「差がない(than を noで否定)」とした方がよさそうですね。

つまり、「馬と同じ」といった意味になるでしょうか。

全体を通すと

クジラは全く魚ではない。
その「全く魚ではない」という度合がどのくらい同じかというと
馬と同じくらいだ。


という事になりますね。

ここから、

「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じだ」
「馬が魚でないのと同じように、クジラも魚でない」


という意味になります。


理屈で説明するとこんな感じになりますが、
もし、手っ取り早くやるとすれば

  • no more を見つけたら than 以前の 1 文目も than 以降の 2 文目も「否定」の意味にする
  • 1 文目と 2 文目を同等の関係にする (「~と同じくらい」と訳す)


このくらい大雑把でも読めるようになります。

no less ~ than …

no less ~ than …
「…と同様に~である」「…に劣らず~」という意味の
慣用表現です。

セータ君
セータ君

less って more の反対だから、もしかしてさっきの感じでできちゃうのかな?


そのとおりです!

やり方がほとんど同じなので、

no more ~ than … が理解できるようになれば、
no less ~ than … も難なくできるようになります。

これも例文を使ってやってみましょう!

A whale is no less a mammal than a horse is.
(馬が哺乳類であると同様に、クジラも哺乳類である)


これも例にもれず比較文なので 2 文になっています。

よって、省略せずに書くと

A whale is no less a mammal than a horse is a mammal.

となります。

than 以降の文は、「明らかにそうであること」
話し手も聞き手もそれを認識していること」


である必要があります。

a horse is a mammal. は
「馬は哺乳類である」という意味ですが
これは明らかにそうですよね!

セータ君
セータ君

no more は「明らかに違っていること」を than 以降に置くから、確かに反対のことだね!


あとは、no more ~ than … と同じ感じで
読み解いていくだけです。

1 文目の A whale is no less a mammal は

「クジラはより哺乳類でない (less)」ということは「全くない(no)」
つまり、「クジラは哺乳類である」という感じになりますね。

セータ君
セータ君

less と no は マイナスのイメージだから、それを掛け合わせた no less にするとプラスのイメージになるんだね!



同じように 2 文目も見ていくと
than a horse is a mammal. が no で否定されて
「差がない」という事になるので、

「馬と同じ」といった感じになると思います。


これらをまとめると、

クジラは哺乳類である。
その「哺乳類である」という度合がどのくらい同じかというと
馬と同じくらいだ。

という事になります。

ここから、

「クジラは哺乳類であるのは馬が哺乳類であるのと同じだ」
「馬が哺乳類であるのと同じように、クジラも哺乳類である」


となります。

これも手っ取り早くやろうとするなら、

  • no less を見つけたら than 以前の 1 文目も than 以降の 2 文目も「肯定」の意味にする
  • 1 文目と 2 文目を同等の関係にする(「~と同じくらい」と訳す)

これでできるようになります。

セータ君
セータ君

no more ~ than …とは反対の意味になるけど、やり方はほとんど同じだね!

おわりに

今回は「比較」の第 8 弾として
優劣比較の慣用表現の中でもクジラ構文を見ていきました。

このクジラ構文はとてもややこしい訳をするため、
その構文の中にある no という概念を
not と比べながら確認もしていきました。

no と not の違いは知っているようで知らない
意外な発見があったのではないでしょうか?

意味や作り方をしっかりとおさえて
正確に意味を理解できるようにしてくださいね!

次回も優劣比較を使った慣用表現を見ていきますので
どうぞお楽しみに。

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました