まとめて覚えよう! 優劣比較を使った慣用表現 Part 1

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

優劣比較の慣用表現はどんなのがあるのかな?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「比較」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

英語で比較する方法は

A と同じくらい … だ
A より … だ
A の中で一番 … だ


この 3 つがあります。


セータ君
セータ君

確か、as とか -er, -est みたいなものを使うんだよね?


そうですね!

長い単語の場合は
more, most を付け加えたり

better, best や worse, worst みたいに
不規則な変化をするものもあります。


これらを駆使して比較文を作るのですが、

「as ~ as を使えばできる」
「er, est を使えばできる」

のように
何となくで済ませていませんか?

その「何となく分かる」から
「しっかり分かる」へレベルアップするため

どこに注目して作ったり読んだりすればいいのか
作るときや読むときに何を気を付ければいいのか


というポイントを重点的に書いてみようと思います。

そのため、er や est のような活用は分かっているものとして
ここではいったん割愛しますのでご了承ください。

また、比較はシリーズとして
何回かに分けて書きたいと思っております。

その第 7 回として
優劣比較の慣用表現
を見ていきたいと思います。

優劣比較の慣用表現は
気を付けなければいけない構文が多いので
さらに何回かに分けていこうと思います。

セータ君
セータ君

他の比較シリーズの記事は、すぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!




それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

優劣比較の慣用表現

早速ですが、優劣比較の慣用表現を
色々と見ていきましょう!

The 比較級 ~, the 比較級 …

「~すればするほど、…だ」という意味の慣用表現ですね。

~ と … には SV と続いていきます。

The more I studied English, the more interesting I found it.
(英語を勉強すればするほど、面白くなってきた)

単に SV… と続いているように見えますが、
これには元の文があります。

元の文はどうなっているか分かりますでしょうか?

セータ君
セータ君

あれ?これに元の文ってあるの?


慣用表現とはいえ、元の文が分かると
キッチリ使いこなすことが出来るようになります。

では「the + 比較級」から元の文に戻すにはどうすればいいか
順番に説明していきたいと思います。

「the + 比較級」に注目する

まずは、 the + 比較級」に注目しましょう。

The more I studied English, the more interesting I found it.
(英語を勉強すればするほど、面白くなってきた)

例文の前半は The more 、後半は the more interesting に注目します。

interesting は more をつけるタイプですので
the more interesting までしっかりと見てくださいね!

セータ君
セータ君

あっ、そうだった。危うく見逃すところだったよ…。


the を 取り除いて原級に書き換える

その次に、 the を取り除いて原級に書き換えます。

不規則変化をする単語や more が付く単語を原級にするときには
注意しましょう。

[much/ a lot] I studied English, [interesting] I found it.
(英語を勉強すればするほど、面白くなってきた)


セータ君
セータ君

これで完成? なんかまだ違和感があるけど…?


これでまだ完成ではありません。

これから移動させるので、
それらを便宜上 [ ] でくくっています。

文の中でどこに当てはまるのか探す

最後に、原級に書き換えた単語が
文の中でどこに当てはまるのか
を探します。

[much/ a lot] I studied English, [interesting] I found it.

例文では、

一文目の much もしくは a lot が
I studied English のどのあたりに入りそうか

二文目の interesting は
I found it のどのあたりに入りそうか

というのを考えます。

セータ君
セータ君

一文目の much (a lot) は副詞だから一番最後に入りそうかな? そうすると I studied English much. とか I studied English a lot になりそうだね。


そうですね!
それでは、二文目はどうなりそうですか?

セータ君
セータ君

あっ! この found って 第五文型をとれる動詞だからこの interesing は C になりそうだね! という事は I found it interesting. かな?


その通りです!

今踏んだこれらの手順を逆にすることで、
the + 比較級の文が出来上がります。

簡単にまとめると

  • 「~すればするほど、…だ」の意味にしたい形容詞・副詞を比較級に変える
  • 変えた比較級を前に出して、比較級の前にthe を付け加える

この手順で出来上がります。

単に SV だけ丸暗記してしまうと、
二文目の I found it の it を忘れてしまう
なんてことがありますので気を付けましょう!

セータ君
セータ君

元の文を考えてから作った方が確実だね!


また、「the + 比較級」の構文で主述の部分は、
よく省略や倒置が起こることがあります。

The sooner, the better.
(早ければ早いほど良い。)

「SV がない」と慌てないように、
こちらのパターンもしっかり押さえておきましょう!

(all) the 比較級 for [because]

「~なのでより一層…だ」という意味の慣用表現です。

この the は一見「冠詞」に見えますが、
実は「副詞」なんです。


セータ君
セータ君

えっ!? the って「副詞」の意味もあったの!?



ビックリするかもしれませんが、
ちゃんと「副詞」の意味も載っているんですよ!

1. [形容詞・副詞の比較級の前につけて] それだけ,かえってますます.

2. [相関的に形容詞・副詞の比較級の前につけて比例的関係を示して] …すれば[であれば]それだけ[ますます]

the | Weblio英和辞書


セータ君
セータ君

ホントだすごーい!!


ここでは 1 番での意味になります。

ちなみに、先ほど紹介した「the + 比較級」の the も
「副詞」で、この場合は 2 番での意味になります。

話を戻しまして、早速例文へ行きましょう。

I like him (all) the better because he is sincere.
I like him (all) the better for his sincerity.
(彼は誠実であるがゆえ、ますます好きだ。)



because は接続詞なので文が続きますが、
for は前置詞なので名詞が続きます。

基本的なことですが、
しっかりと確認していきましょう。

ここでの all は単なる強調なので、
あってもなくても構いません。

ちなみに、これの反対の意味になる

none the 比較級 for [because]
(~だからといって少しも…でない)

もセットで覚えていきましょう。

おわりに

今回は「比較」の第 7 弾として
優劣比較の慣用表現を見ていきました。

どれも見たことがある慣用表現だと思います。

今回の慣用表現はちょっとビックリするような
発見があったのではないでしょうか?

意味や作り方をしっかりとおさえて
正確に意味を理解できるようにしてくださいね!

次回も優劣比較を使った慣用表現を見ていきますので
どうぞお楽しみに。

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました