まとめて覚えよう! 同等比較を使った慣用表現

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

as ~ as の慣用表現はどんなのがあるのかな?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「比較」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

英語で比較する方法は

A と同じくらい … だ
A より … だ
A の中で一番 … だ


この 3 つがあります。


セータ君
セータ君

確か、as とか -er, -est みたいなものを使うんだよね?


そうですね!

長い単語の場合は
more, most を付け加えたり

better, best や worse, worst みたいに
不規則な変化をするものもあります。


これらを駆使して比較文を作るのですが、

「as ~ as を使えばできる」
「er, est を使えばできる」

のように
何となくで済ませていませんか?

その「何となく分かる」から
「しっかり分かる」へレベルアップするため

どこに注目して作ったり読んだりすればいいのか
作るときや読むときに何を気を付ければいいのか


というポイントを重点的に書いてみようと思います。

そのため、er や est のような活用は分かっているものとして
ここではいったん割愛しますのでご了承ください。

また、比較はシリーズとして
何回かに分けて書きたいと思っております。

その第 6 回として
同等比較の慣用表現
を見ていきたいと思います。

比較表現の文の作り方は前回までで
一通り終わらせましたので、

ここから先は慣用表現を中心に
紹介していこうと思います。

セータ君
セータ君

その他の比較シリーズの記事は、すぐ下の「あわせて読みたい」をチェック!




それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

同等比較の慣用表現

早速ですが、同等比較の慣用表現を
色々と見ていきましょう!

「強調」の as ~ as

普通に使われる as ~ as の意味は
「~と同じくらい」ですが、

「強調」の意味で as ~ as が使われることがあります

This concert hall can accommodate as many as 50,000 people.
(このコンサートホールは 5 万人もの人を収容できる)


as many as は構造上付け足しているだけなので、
別になくても意味は変わりません。

セータ君
セータ君

as many as を除いて、 This concert hall can accommodate 50,000 people. としてもたしかに文として成立しているね!


今回の例文では人の多さを強調しているので
many という言葉を as で挟んでいます。

深さを強調したいのであれば as deep as
高さを強調したいのであれば as tall as や as high as

のように

強調したい性質・様態に合う形容詞や副詞を
as ~ as で挟めば出来上がります。

as [so] long as と as [so] far as

この表現は同等比較の形をしていますが、
接続詞として見かけるかと思います。

形が紛らわしいのですが、
それだけでなく意味も紛らわしいです。

セータ君
セータ君

たしか「~する限り」という意味だったよね?


そうですね!

ただ、日本語では「~する限り」と訳すのですが
それぞれ使い方が違いますので混同しがちです。

それぞれ確認していきましょう。

as [so] long as

as [so] long as には

「~する限りは」「~する間は」という「時間の限度」
「~しさえすれば」「~なら」という「条件」

二つの用法があります。

「時間の限度」なら while 、「条件」なら only if に
書き換えができます。

★ 時間の限度
I’ll stay home as long as it rains.
(雨が降っている間は家にいるよ)

★ 条件
I’m happy as long as you’re happy.
(あなたが幸せなら、私は幸せだ)

セータ君
セータ君

「~する限り」で覚えるより、「~の時間の間は」とか「~する条件で」の方で覚えたほうがいいかもしれないね!

as [so] far as

as [so] far as には

「~する範囲内では」という
「距離・範囲内」の用法があります。

As far as I know, the supermarket closes at 10 p.m.
(私が知っている限りでは、そのスーパーマーケットの閉店時間は 午後 10 時です)

セータ君
セータ君

as far as I know はよく見かける慣用表現だね!「私の知る範囲内では」っていうこともできるからこっちで覚えたほうがいいかも!


as [so] far as の慣用表現はそれほど多くありませんので
覚えられるならこのままの形で覚えてしまいましょう!

慣用表現意味
as far as A knowA が知る限りでは
as far as A is concernedA に関する限りでは
as far as I can remember私が覚えている限りでは

 

もちろん、主語に応じて動詞の形は変わるので、
そのあたりは臨機応変に対応できるようにしておいてくださいね!

as ~ as ever

as ~ as ever は「相変わらず」という意味の
慣用表現です。

ever には「いつでも」という意味がありますので、
直訳すると「いつでも同じ」となります。

Susie is as easygoing as ever.
(スージーは相変わらずのんびりしている)


セータ君
セータ君

「いつもの状態と同じ」ということは「相変わらず」って意味になりそうだね!

as ~ as possible, as ~ as S can

as ~ as possible と as ~ as S can は、
「できる限り~」という意味の慣用表現です。

Please let me know as soon as possible.
Please let me know as soon as you can.
(できるだけ早く私に知らせてください)


例文で挙げた表現はよく見かけるのではないでしょうか?

as soon as possible はその頭文字をとって
ASAP で使われることがあります。

また、as ~ as S can に関しては

過去の話をする場合、時制に合わせて
きちんと could にすることを忘れないようにしてくださいね!

おわりに

今回は「比較」の第六弾として
同等比較の慣用表現を見ていきました。

どれも見たことがある慣用表現だと思います。

中には、紛らわしくて混同しがちなものもありますが
しっかりと見分けられるようにしておいてください。

次回は優劣比較を使った慣用表現を見ていきますので
どうぞお楽しみに。

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました