古いほうから新しいほうへ! 情報構造という考え方 後編

スポンサーリンク
文体
スポンサーリンク

「情報構造」って何?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「情報構造」をテーマに、
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

情報構造? 聞いたことがないなぁ…


TOEIC では聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、
そんなに難しいことでもありません。


この情報構造を知っていると、
「なるほど!だからこんな英文の構造になってるんだ!」
と目からウロコが落ちる発見が次々と出てくると思います。

この「情報構造」は前半と後半に分けて投稿しますが、
今回はその後半として、やや難しめの文を取り上げて
その謎解きをしていきたいと思います。


前編の記事は下の「あわせて読みたい」から
確認できます ▼



この記事を見ると
次のようなことが分かるようになります。

  • 接続詞における「情報構造」の考え方
  • 倒置における「情報構造」の考え方


是非とも最後までご覧ください!



それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

情報構造とは?


まずは、「情報構造」という考え方について
軽くおさらいしていきましょう。

すぐに本題のところへ入りたい方は
下のボタンから飛ぶことができます


「情報構造」というのは

情報は「旧情報」「新情報」に分かれていて、
文章における情報は 「旧情報 ➡ 新情報」 という流れになっている

という考え方でしたね。

セータ君
セータ君

たしか、「旧情報」は聞き手も知っていると予想されることで、「新情報」は聞き手は知らないと予想されることだったよね?


そうですね!

「旧情報」は文頭、「新情報」は文末に現れる
というのが英語の一般的な情報構造になっています。

情報構造の謎解き その 2

情報構造の復習が終わったところで、
情報構造を使った謎解きの続きをしていこうと思います。

接続詞

これは意外かもしれませんが、
接続詞にも情報構造の考え方があります

例文を見ていきましょう。

When I got home, the phone rang.
The phone rang when I got home.
(私が家に帰ってきたとき、電話が鳴った)


よくある接続詞の使い方ですね!

「主節と従属節の順番を入れ替えても同じ意味になる」というのも
よく見聞きするのではないでしょうか?

ただ、これも「情報構造」という考え方を使うと
ニュアンスが違っていたりします。

その違いは、前回紹介した
「第四文型から第三文型の書き換え」と
同じような感じと思えば問題ありません。

セータ君
セータ君

それじゃあ、どう違ってくるの?


まずは最初の文から見ていきましょう。

When I got home, the phone rang.


接続詞の場合は「節単位」で
旧情報・新情報を見ていきます。

セータ君
セータ君

この場合は when I got home が旧情報で、 the phone rang が新情報になるのかな?


そうですね! 

the phone rang が新情報なので
「電話が鳴った」という事に情報の重点が置かれています

普段訳している通り「私が家に帰ってきたとき、電話が鳴った」
で問題ありません。


それに対し、その次の文はどうなるのでしょうか?

The phone rang when I got home.


セータ君
セータ君

今度は the phone rang が旧情報で、 when I got home が新情報になるのかな?


その通りです!

when I got home が新情報なので、
「私が家に着いた」という事に情報の重点が置かれています

この場合は、
「電話が鳴ったのは、私が家に着いた時だった」
といった訳し方をすると
情報の重点が正しく置かれている感じになります。

理由を表す接続詞

「理由」を表す接続詞も例外に漏れず
この「情報構造」という考え方につながってきます。


セータ君
セータ君

それって、 because, since, as があったよね?



そうですね!


【TOEIC リサーチラボノート 11】because, since, as
の記事にも記載しましたが、そのまとめを貼っておきます。

理由を伝えるとき、その内容が相手にとって把握しているかしていないかによって、because, since, as を使い分ける。

  • as/since : 充分に把握していている(旧情報)
    ※ as の方がフォーマル
  • because : 把握していない(新情報)


これらを統合すると

as, since は旧情報の理由を伝えるので文頭に置かれ、
because は新情報の理由を伝えるので主節の後に置かれる


といった感じになるでしょうか。

セータ君
セータ君

なるほど! 理由を表す接続詞の使い分けは、「情報構造」で見ればスッキリするね!


倒置

最後に、倒置を見ていきましょう。

倒置にもいろいろありますが、
ここでは TOEIC で時折見かける文を
紹介していこうと思います。

Attached is the monthly report from July.
(添付されているのは 7 月分の月次レポートです)

Enclosed is the brochure you requested.
(同封されているのはご依頼したパンフレットです)


セータ君
セータ君

えっ!? こんな構文見たことないよ!?


これはビジネスの E メールで時折登場しますが、
知らないとビックリしてしまう文です。


元の文はそれぞれ、

The monthly report from July is attached.
(7 月分の月次レポートが添付されています)

The brochure you requested is enclosed.
(ご依頼したパンフレットが同封されています)


となっています。

いずれも SVC の構文ですが、
SVC の C が文頭に持っていかれて
V と S がひっくり返った CVS 倒置のパターン
ですね。


セータ君
セータ君

attached と enclosed は過去分詞なの?


確かに、構造的にも意味的にも受動態のように見えますが
ここでは過去分詞の形をした「形容詞」と見たほうが良いと思います。

実際、attached は「添付された」、enclosed は「同封された」
という形容詞の意味があります。


では、これらを「情報構造」の観点から見ると
どうなるのでしょうか?


これから相手に渡すものがある時を考えてみましょう。


自分の場合は渡すものは何か分かっているはずですが、
相手の立場からすると、どんなものが渡されるのかは
実際に渡されて中身を確認するまでは全く知らない
はずです。

という事は、相手にとって
これから渡されるものは「新情報」
になるはずです。

そんな全く知らない状況にもかかわらず、
分かっている前提で添付されているものや
同封されているものを言っても

相手はビックリしてしまうのではないでしょうか?

というわけで、相手が知らない「新情報」を
文末に持っていった結果

Attached is ~
Enclosed is ~

のような倒置が起こったのではないかと思っています。


難しそうなイメージのある倒置ですが、

「情報構造」の観点から見ると
どれにスポットを当てて言っているのか
分かるようになってきませんか?


「強調したいことや言いたいことを最後に持っていく」というやり方は
英語でも日本語でも同じなのは面白いですね!

おわりに

今回は「情報構造」について
見ていきました。

この情報構造という考え方は参考書にはあまり載っていないので、
知らないというのが大半ではないでしょうか?

ただ、この情報構造の考え方によって
今まで何となくで覚えていてモヤっとしていたものに
納得がいくものがあったのではないでしょうか?

少しずつでもいいので、この「情報構造」という考え方を取り入れて
文字だけではないニュアンスも捉えられるようにしてくださいね!

「勉強になった!」
「役に立った!」
「疑問が解決してスッキリした!」
…etc

もし、この記事が気に入ったと感じましたら
下にあります「GOOD ボタン」を
押していただけるとありがたいです!



それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

セータ君
セータ君

GOOD ボタンはこのすぐ下だよ!もちろん「この記事を見た」ということだけでも大歓迎!ぜひお気軽にポチっとしてね!

コメント