【TOEIC リサーチラボノート 11】because , since , as

スポンサーリンク
TOEIC
スポンサーリンク

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ)です!!

今回はリサーチラボノートと題して
自分が英語で疑問に感じたことや
自分がやったことの記録を書いていこうと思います!

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

今回のラボノート

今回のラボノートは

ある単語を何個かピックアップして
何が違うのかという

いわゆる単語間の使い分けについて
書いていこうと思います。

中学や高校でもこういった単語間の違いというのは
よく見かけるのではないでしょうか?

セータ君
セータ君

う~んと…。be made of と be made from の違いとか?


そんな感じです!

そして、今回は

because , since , as

この 3 つを扱っていきます。

セータ君
セータ君

because は「なぜなら~」、since は「~以来」、as は「~として」っていう意味だけど…あれ? バラバラなものを扱うの?


…と、かつて自分も思っていたのですが。

今回はこの 3 つの
接続詞部分にスポットをあててみたいと思います!

セータ君
セータ君

へぇ~! since にも as にも接続詞の働きがあるんだ!


これらには、いくらか記事にしている
意外な意味に通ずるものがありますね。

そんな感じで、備忘録がてら
書いてみようと思います!

TOEIC リスニングでよく聞くけど…


この 3 つを 扱おうと思ったきっかけは
TOEIC のリスニングでトレーニングをしていた時です。

Part 3 と 4 において理由を述べるときに、
since と as がよく使われるなと思いました。

そしてふとこんな疑問が…

セータ君
セータ君

そういえば、 because を使ってないなぁ。 理由を述べるときに、since と as が結構使われてるけどどうしてなんだろう?


since と as は理由を述べる
接続詞としての認識はあったのですが、

違いまではまだ切り込んでいなかったな
思ったのです。

そこで、改めてこの 3 つの単語を
整理してみようというのが

今回のラボノートになります。

なお、as と since には副詞と前置詞もありますが
ゴチャゴチャにならないよう、

接続詞に絞ってお伝えできればと思っています。

セータ君
セータ君

as と since の他の品詞については、別記事で詳しく書いていく予定だよ!

because, as, since の違いは?

because, as, since

共通しているのは、
原因や理由を述べるときに使われる
接続詞
ですね。

セータ君
セータ君

「~だから」「~なので」って訳されるんだよね!



そんな 3 つの単語ですが
微妙にニュアンスが違うようです。

ここでポイントになるのは、

これから伝える内容(理由・情報 等)において、
話し相手が、そのことを
把握しているかいないかによって使い分けます。


as, since


相手が十分に把握している場合は、as / since を使います。

例文
 Since he was tired, he went to bed earlier than usual.
 (彼は疲れていたので、いつもより早く寝た)

分かり切っていることなので、
as / since に続く文は相手にとって「旧情報」です。

それほど重要ではなく、補足のようなニュアンスになります。

例文でいうと、「彼が疲れている」というのは
話し相手には十分承知していることになります。

セータ君
セータ君

as と since には、「知ってると思うけど」 「ご存知の通り」 っていうニュアンスがありそうだね!



また、as は書き言葉やスピーチで使われるので
since よりもフォーマルな言い方になります。

because


逆に把握していない場合は、 because を使います。

例文
 I’m very sleepy because I stayed up all night.
 (徹夜をしたので、私はとても眠い)

把握していないので、because に続く文は
話し相手にとって「新情報」である
ということになります。

いつもとは違うことや、相手にとって初めて知るもの等
意外性があるときに because が使われるようですね!


というわけで、まとめると

理由を伝えるとき、その内容が相手にとって把握しているかしていないかによって、because, since, as を使い分ける。

as/since : 充分に把握していている(旧情報)
※ as の方がフォーマル

because : 把握していない(新情報)


まずは、これだけ抑えておきましょう。

接続詞 vs 前置詞 vs 副詞


接続詞の話題が登場してきたので、
TOEIC の Part 5 に関することを書いていこうかと思います。

Part 5 では 接続詞 と 前置詞、副詞 を織り交ぜた選択肢
問題があります 。

こんな感じの選択肢見たことありませんか?

A) though
B) nevertheless
C) since
D) because of


セータ君
セータ君

そんなに頻繫じゃないけど、こういうの見たことあるよ!

それでは、この問題はどういった手順で
解いていけばいいのでしょうか?

1: 品詞を見分ける

この選択肢を見た時にまずしなければならないことは、
品詞を見分けることです。

どれが前置詞、接続詞、副詞なのか
しっかりと見分けるところからスタートです。

例で挙げた選択肢を使ってやってみましょう!

A) though
  (接続詞:「~だけれども」)

B) nevertheless
   (副詞:「それにもかかわらず」)

C) since
   (接続詞:「~なので」)

D) because of
   (前置詞:「~が原因で」)


since には 「~以来」 という前置詞がありますが、

他の選択肢を見てみると、順接・逆接関係の単語が
並んでいます。

となると、ここはそれ関係の単語ということで
接続詞であることが推測できそうです。

2: 文の構造を見る


次に、文の構造を見ていきます

簡単なチェックですが、これだけで
候補が一気に絞られることがあります。

そのポイントは空欄の直後にあります。

その空欄の直後で

文(SV)が続いていたら接続詞
名詞かそのカタマリが続いていたら前置詞

これらが正解候補になります。

接続詞 : 文(SV)が続く
 
接続詞 + SV , SV.
SV + 接続詞 + SV.

前置詞 : 名詞(のカタマリ)が続く

前置詞 + 名詞 , SV.
SV 前置詞 + 名詞. 


副詞には、前後をつなぐ機能がありません。

つまり、接続詞のような
SV + 副詞 + SV. という文は出来ないのです。

もしつなげたいのならば、

SV. 副詞, SV.

のように、一文を一回ピリオドで
終わらせる必要があります。

もし、空所の前後が一文で続いている場合
副詞の選択肢は、候補から抜けることになります。

3: 文脈から判断する

ここまでくれば、後は文脈から判断して
正解を見つけるだけです!

最後は文脈頼りになってしまいますが、
1,2 を実行するだけでもだいぶ楽になるかと思います。


おわりに

because, since, as の微妙なニュアンスの違い
Part 5 の 接続詞 vs 前置詞 vs 副詞 問題

いかがでしたでしょうか?

自分自身も新たな発見を沢山見つけて
とても勉強にもなりましたし、
より深く理解できたかと思います。

こんな感じに整理をしてみましたが、
その後にリスニングのトレーニングをしていたら
ちょっとした変化が起こりました。

単なる文字としての since や as , because ではなく
そのニュアンスから、シーンを浮かべることが
少しできるようになっていました。


セータ君
セータ君

since とか as 使ってるってことは、以前コンタクトを取ってて、ある程度お互いを知っている人達なのかな?それとも、公共の場だからかな?


こういった気づきは大事にしていきたいですね!
どんどん積み重ねて、英語をより深く理解していきたいです!

というわけで、今回のラボノートはここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました