英語の「格」は 日本語の「助詞」みたいなもの?

代名詞

英語に登場する「格」っていったい何だろう?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「格」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

え?「格」ってなに? そんなの習ったかな…?


それでは、
主格、所有格、目的格
というとどうでしょうか?

セータ君
セータ君

あ! それなら聞いたことがあるよ! 確か、関係代名詞のところで登場してたっけ。その「格」が今回の実験テーマなんだね!


そうですね!

もう一つ付け足すとするなら
I, my, me や you, your ,you
といった

代名詞の活用も「格」に関係しています。


そんな「格」ですが、いったいどんな役割があるのか
少し掘り下げていきたいと思います。


それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

日本語にも「格」がある!

早速、英語の「格」…と行きたいところですが、
このままだとピンと来ないことが多いと思いますので、
まずは日本語から行きたいと思います。


その「格」を理解するのにピッタリな日本語の品詞があって、
それが「助詞」というものです。


「私は」の「は」であれば、主語の役割をしたり
「君の」の「の」であれば、所有物を表したりと

助詞を付けると文の要素の役割を付けることが出来ます。

助詞にはいくつか種類があるのですが、
その中でも文の要素の役割を付けられる助詞が

「格助詞」と呼ばれるものです。

セータ君
セータ君

へぇ~! 日本語にも「格」っていうのがあるんだね!


格助詞にも様々な意味がありますが、

その中から、英語に関係する 5 つの格助詞を
紹介していきたいと思います。


表で見た方が早いと思いますので、
早速見てみましょう!

格助詞役割英語の格
は / が主語を表す主格
所有・所属を表す所有格
与えられる相手を表す目的格
対象を表す

 


このように見ていくと、
英語の格の名前は割と単純だと分かります。

語を表すだから主格
所有を表すだから所有格

そして、「に」と「を」は
いずれも英語では目的語にあたるので
目的語を表す目的格

といった感じでしょうか。

セータ君
セータ君

言われてみれば当たり前のことだけど、こういうことだったんだ!


ちなみに昔の英語は、
「に」にあたる格を 与格、「を」にあたる格を 対格
なんて呼んでいたそうです。

代名詞の格変化

意外にも TOEIC の Part 5・6 でも
こういった問題が割と少なくありません。

比較的苦労はせずに得点できるところだからこそ
確実に抑えておきたいところなので、
ここで確認していきましょう。

 

単複代名詞主格
(~は 、~が)
所有格
(~の)
目的格
(~に、~を)
単数Imyme
あなたyouyouryou
hehishim
彼女sheherher
それititsit
複数私たちweourus
あなたたちyouyouryou
彼ら/それらtheytheirthem
名詞名詞名詞名詞’s (複:名詞s’ )名詞

 


名詞はどの形も一緒なので一見変化していなさそうですが、
実は格変化が起きているというのは
結構意外だったのではないでしょうか?


セータ君
セータ君

名詞の格変化は、it や you と同じような感じだと思えば分かりやすいかも!

関係代名詞の格変化

格変化でもう一つ登場する文法といえば
関係代名詞だと思います。

こちらも確認していきましょう!

 

先行詞主格
所有格
目的格
whowhosewho / whom
人以外whichwhosewhich
全てthatthat

 


先行詞とそれに対応するによって
使う関係代名詞が違ってきます。

これから説明しようとしている先行詞はどれで、
繋げようとしている文の先行詞の格はどれなのか

これらを意識すれば
関係代名詞が分かるようになってきますので
繰り返し練習して出来るようになっていきましょう!


セータ君
セータ君

たしか、 目的格は省略ができるんだったよね~。


関係代名詞に関して詳しく知りたいと思いましたら、
すぐ下の「あわせて読みたい」をご覧ください。

おわりに

今回は「格」について少し掘り下げていきました。

一見地味な印象の「格」ですが、

日本語の「助詞」みたいなものであるというのは
意外だったかもしれません。


また、日本語にも「格」というものがあって
そういう助詞があったのを初めて知った
という方もいるのではないでしょうか。


格は代名詞、関係代名詞以外にも、
文型を考えるときに一役買ってくれます。

詳しくは、「文型」ってそもそも何だろう? 5 文型を深く理解するコツ
の記事に書きましたので併せてご覧ください



それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント