語源で覚える英単語 まとめ

スポンサーリンク
英単語
スポンサーリンク

語源をザックリ知りたい方はここから!

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

語源に関する記事がたくさん出来上がったので、
その簡単なまとめを書きました。

◯ 語源で英単語を覚える方法についてざっと知りたい
◯ 語彙力をもっと伸ばしたい
◯ もっと簡単に語源について知りたい


という方は
まずこの記事からお読みください。

セータ君
セータ君

古代言語の由来・背景となる歴史等はマニアックすぎるし、本来の目的である「語彙力アップ」に逸れるから、極力省いているよ!



それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

語源で英単語を覚えるってどんな感じ?

構成している英単語をパーツごとに分けて覚える方法です。

そのパーツは主に 3 つに分かれていて、
それぞれ、「接頭辞」「語根」「接尾辞」といいます。

単語を構成する 3 つのパーツ

接頭辞

  ➡ 方向・位置・時間・強調・否定 等の意味を付加


語根
  ➡ 英単語の意味の核となる部分 


接尾辞

  ➡ 品詞の意味や機能を付加

 

セータ君
セータ君

必ずしも「接頭辞」「語根」「接尾辞」が一つずつあるわけではないから注意してね!

語源で覚えるメリット

語源で覚えるメリットは以下のようになります。

◯ グループ単位で英単語を覚えることができる
◯ 見たことがない単語を推測することができる
◯ 記憶のフックがとても強力なので思い出しやすい


pose , sist , vert …

英単語の中にこういった
ある特定のスペルが含まれていたら

そこには核となる意味が隠されています

セータ君
セータ君

へぇ~! アルファベットがただ並んでいるだけじゃなかったんだ!


ゴロや絵でも覚える方法の一つですが、
結局たどり着くのは丸暗記になってしまいます。

それしか方法がない思われていた方にとっては
衝撃かもしれません。

語源をほとんど知らなくても、
語源を知ることで

何の脈絡もない単なる記号から、

英単語の中に意味がある
そこから推測できる力がつく


これを知るだけでもだいぶ違ってくると
思います。


そんな便利な語源ですが、奥が深いので

本来の目的である語彙力アップの道に
反れてしまう恐れがあります。

ほどほどな距離を保ちましょう。

まずは 10 個だけ

語源といっても膨大にあるので
どこから手を付ければいいかわからないですよね。

というわけで、まずは含まれる英単語数が多い
重要語根 を 10 個だけ覚えちゃいましょう!
(負担が大きい場合は、赤字だけでもOKです!)

セータ君
セータ君

各語根にそれぞれリンクを張ってあるから、詳しくは数字のところをクリックしてね!

No.語根意味
1st , sta , sti , sist立つ
2fact , fect , fac作る、する
3cieve , cept , cap , cip捕える、(受け)入れる
4vers , vert回る、向く
5ply , pli , ple, ploy折り重ねる
6spec , spectよく見る
7rect , regまっすぐにする、導く
8cede , cess , ceed行く
9pos , posit , pose , pone置く
10vid , vis , vey見る

 

「ひ」と「ひへん」と「れっか」(ex: 炎、焼、烈)
「こころ」と「したごころ」と「りっしんべん」(ex: 応、慕、快)

といった部首の違いとよく似ています。

まとめ: 語源を使って語彙力アップ!

簡単に語源についてまとめてみましたが
いかがでしたか?

◯ 語源がどういうのかなんとなく分かった
◯ 語源に興味が湧いてきた

少しでもそう思っていただけたら幸いです。

英単語を覚えるときに有効な方法ですので、
この「語源」というのも頭の片隅に入れてみてください。

というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

コメント

タイトルとURLをコピーしました