進行中?反復?習慣? 動詞の ing 形にあるさまざまな意味を総整理

スポンサーリンク
副詞
スポンサーリンク

ing ってこんなにニュアンスがあったんだ!

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「動詞の ing 形」をテーマに、
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

ing っていえば、進行形とか動名詞とか分詞に使われるあの ing のこと?


そうですね!

進行形でも動名詞でも分詞でもない!?意外な動詞の ing 形の使われ方
の記事では、前置詞になっている動詞の ing 形を紹介しました。

今回は、進行形や動名詞で使われている
よく見る方の ing 形を総整理していきたいと思います。

これにつきましては

動名詞は職人気質? 基本的な性質と使い方
現在進行形は「~しているところ」だけではない!

で詳しく触れましたが、
それよりもさらに深堀りしていきたいと思います。


それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

ing は「動いている」イメージ?


進行形や動名詞、分詞で使われている ing 形の意味は
動作の進行、習慣、反復…と

一見すると何のつながりなさそうです。

セータ君
セータ君

たしかにそうだね~。「~している」と「~すること」なのに、同じ ing が使われてるのってなんか不思議!


ですが、文法とは関係なく ing 形には
ある共通のイメージがあります。


それが、

「動いている」

というイメージです。

セータ君
セータ君

「動いている」ってどういうこと?


では、それぞれの文法の意味を見ながら
ing の「動いている」イメージを確かめてみましょう!

進行形(現在分詞)

まずは進行形から見ていきましょう!
ここでは現在進行形で確認していきます。

また、現在分詞は進行形で使われている ing 形と同じなので、
ここでは一緒にしてしまいます。

一番思い浮かぶ意味としては「~している」だと思いますが、
これには「動作の進行中」のニュアンスがあります。

セータ君
セータ君

比較的分かりやすい「動いている」ってイメージだね!


そうですね!

進行形には「動作の進行中」のほかにも
様々なニュアンスがあります。

こうやって聞くと何か大変そうに見えますが、
実は連想ゲームのように覚えることができるんです!
実際にやってみましょう。

「動いている」イメージから連想する


「動作が進行中」ということは、

ある動作や状態が始まってそこから継続している
と考えることができるので
「継続性」のニュアンスが出るようになります。


「継続している」という事は、
その動作を反復していると考えることができるので
「反復性」のニュアンスも出るようになります。


さらに、「動作を反復している」ということは
「習慣」とも言い換えることが出来そうですね。

セータ君
セータ君

お~!! 確かに連想ゲームみたいだね!!


どんどん連想してきましょう。

「動作が進行中」ということは
すでに何かに着手しているという風にも考えられます。

このことから、「予定」といういわゆる近い未来の
ニュアンスがあります。

ちなみに、現在進行形の「予定」は
主に個人のスケジュールのようなイメージです。

また、「着手」というのは
取り掛かってはいるがまだ終わっていないということで、
ここから「未完了」というニュアンスも生まれてきます。


そして、未完了のものはいつか完了する時が来るという事で
「一時的」というニュアンスも生まれてきます。

セータ君
セータ君

ing という形だけなのに、こんなにニュアンスがあるんだね!


まとめると次のようになります

ing のコア「動いている」

「動作の進行中」(その 1)
「継続性」(動作・状態が継続している)
「反復性」(動作が反復しているから継続)
「習慣」(習慣は動作を反復していること)


「動作の進行中」(その 2)
「(個人の)予定」(何かに着手している)
「未完了」(着手はしているが終わってはいない)
「一時的」(終わってはいないがいつかは完了する)


さまざまな ing のニュアンスが登場してきましたが、
それでも根底となっているのは「動いている」というイメージです。

ただ丸暗記するのではなく、
このような感じでコアイメージから連想する方法でやれば
暗記の負担がずっと減って覚えやすくなります。

動名詞

次に、動名詞を見てみましょう。

セータ君
セータ君

「~すること」って意味だよね!


確かに「~すること」という意味がありますが、
それだけでは動名詞のニュアンスが伝わりません。

同じ「~すること」という意味を持つ不定詞とは
どう違うのでしょうか?

このあたりは 性格真逆? 不定詞と動名詞の違いを総整理!
で紹介していますが、

不定詞は「未来志向」のニュアンスがあるので、
「(これから・・・・)~すること」と覚える方が良いかと思います。


一方、動名詞はどうでしょうか?

動名詞は「過去志向」のニュアンスがあり、
「すでにしていること」という意味が含まれています。

これはよくよく考えてみると、
先ほど連想ゲームで挙げた「着手している」というニュアンスと
同じような感じになるのではないでしょうか?

セータ君
セータ君

言われてみれば、確かにそうかも!



ただし、「過去志向」「すでにしていること」だけでは
対応できない場合がありますので、やや力不足が否めません。

そこで登場するのが、
先ほど連想ゲームで挙げたニュアンスです。

ing のコア「動いている」

「動作の進行中」(その 1)
「継続性」(動作・状態が継続している)
「反復性」(動作が反復しているから継続)
「習慣」(習慣は動作を反復していること)


「動作の進行中」(その 2)
「(個人の)予定」(何かに着手している)
「未完了」(着手はしているが終わってはいない)
「一時的」(終わってはいないがいつかは完了する)


これを使って、動名詞の意味を
正確におさえておきましょう!

動名詞で使われる「~すること」の意味には、
「反復性」「習慣」のニュアンスが含まれています。

すなわち、「(
繰り返し・・・・)~すること」と
覚えておくと
かなり対応できるようになります。

セータ君
セータ君

同じ日本語の「~すること」なのに、ここまで違いがあると「ホントに書き換えていいの?」って思っちゃうね…。



おわりに

今回は「動詞の ing 形」について
見ていきました。

ing 形のコアである「動いている」というイメージから
色々と連想して様々なニュアンスを確認していきましたね。

「なるほど!あれはそういうニュアンスだったのか!」と

目からウロコが落ちるほどの発見があって、
より深く ing のことについて理解できたかと思います。

TOEIC に限らず、大学受験等でもよく出てくる ing 形ですので、
しっかりとおさえておいてくださいね!


それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました