場所だけではない! 関係副詞 where をとる意外な先行詞とは

スポンサーリンク
文法
スポンサーリンク

えっ!? この先行詞も where をとれるの!?

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!

今回は「関係副詞の where」をテーマにして
いろいろと実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

たしか、「場所」 を先行詞にとるんだよね?


そうですね!

関係副詞の where と言えば
「場所」を先行詞にとり、その場所について
文で詳しく説明するというイメージがあると思います。


しかしながら、where を使うときの先行詞は
なにも「場所」だけではありません。

セータ君
セータ君

えっ!? 場所以外にも使える先行詞があるの!?


今回は、そんな関係副詞の where で使える
意外な先行詞を色々と見ていこうと思います。

それでは始めていきましょう!
Now let’s start!

関係詞の簡単なおさらい

まずは、簡単に関係詞をおさらいしておきましょう。

関係詞は、名詞を「主述文を使って」詳しく説明したいときに
使われます。



セータ君
セータ君

この、「主述文を使って」って言うのがポイントだね!


そうですね!

彼がくれた本」
私が昨日見た映画」
私が 3 年前に訪れた場所」

のように、「主述文 + 名詞」というのを
英語で作りたいときに使われるのが関係詞です。

名詞を説明しているので、
関係詞を含む文のカタマリは形容詞の役割をしています。

セータ君
セータ君

関係代名詞も関係副詞も「カタマリ」でみると形容詞なんだね!


英語での語順は
先行詞 ←(関係詞を含む文)
です。

日本語と異なりますので
この辺りはしっかりと押さえておいてください。

といった感じで簡単に紹介したところで、
早速、関係副詞 where で受ける
意外な先行詞を見ていきたいと思います。

関係副詞 where で受ける意外な先行詞

場所ほどではないものの比較的見かける先行詞を
表にまとめてみましたので、ご確認ください。

先行詞意味
situation・ circumstances状況
stage段階
point地点
case場合

 

セータ君
セータ君

うーん…。とはいえ、やっぱりイメージが付きにくいなぁ…。


「関係副詞の where が来たら先行詞は場所」
というイメージがこびりついているので、
いきなりこんなことを言われても
確かにピンとこないと思います。


実際に where を関係副詞の項目で
調べてみると、

((先行詞を含んで))…する[…である]場所[状況,段階,点](where以下は名詞節を作る)

Weblio 英和辞典


ご覧の通り、場所だけでなく
「状況」や「段階」、「点」といったものも
where が使えるようです


セータ君
セータ君

ホントだ! where で受ける先行詞って 「場所」 だけじゃなかったんだ!



例をいくつか見てみましょう

what to do in the case where an emergency arises
(緊急事態が起こった時の対応)

We need to avoid situations where computers frequently stop working.
(我々はコンピュータが頻繁に動かなくなる状況を回避する必要がある)


セータ君
セータ君

先行詞が場所以外でも、こんな感じに where って使うんだね!


TOEIC ではあまり目にしないかもしれませんが、

もし、場所以外の先行詞で where が使われていた文に出会ったとき
ビックリしないようにしておきたいところです。

where で受ける先行詞すべては覚えられなくても、
「場所以外でも 関係副詞の where で受けることがある」
という事は頭に入れておいても損はないと思います。

セータ君
セータ君

知らなかったらフリーズしそうだから、覚えておかなくちゃ…。

抽象的な空間ととらえるのがポイント?

とはいえ、このままだと覚えにくいと思うので
ちょっとした考え方のコツを書いてみようと思います。

station や town みたいなものは目に見えるような
具体的な場所ですが、何も具体的でなくともいいのです。

「抽象的な」地点や場所を思い浮かべられるような
意味で使われているのであれば where を使うことができます。

セータ君
セータ君

具体的な場所だけじゃなくて、場所というイメージを抽象的に拡大しても大丈夫ってこと?



そういう感じでいいかと思います。

where で受けられる先行詞は
「状況」「環境」「局面」「段階」というのがありますが

いずれも、なにか「抽象的な中で作られた場所」
思わせるのではないでしょうか。

セータ君
セータ君

何となくだけど、言いたいことは分かるかも!



ただし、注意したいことがあって

例に挙げた先行詞を見つけたからと言って
何でもかんでも関係副詞 where が来るわけではありません。

「状況」「環境」「局面」「段階」のように
「抽象的な地点や場所」を想起させるような先行詞の意味でないと
where が使えない
という事は頭に入れておきましょう!

おわりに

今回は「関係副詞 where」
意外な先行詞を見ていきました。

「関係副詞 where の先行詞と言えば場所」
とずっと覚えていた方にとっては
かなりの衝撃を受けた内容だと思います。

TOEIC ではあまり見かけないかもしれませんが、

「この where 関係副詞なのに先行詞が場所になってない!?」
となってしまうケースもないとは限りませんので

万が一のために頭に入れておいても損はないと思います。

場所以外の先行詞は覚えられなくても、ぜひとも
「場所以外でも 関係副詞の where で受けることがある」
という考えは持ち帰って、英文を読むときに役立ててみてください!

それでは、今回はここまで!
See you next time !
Bye-bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました