まずはこれだけ!語源で覚える英単語 頻出語根 10 選

スポンサーリンク
英単語
スポンサーリンク

数多くある語根の中からよく出る 10 個に厳選!

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ) です!!


今回は語源について書いていこうと思います。

その語源の中でも基本中の基本
よく出る語根をまずは 10 個だけ紹介していきたいと
思います。

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

いきなり語源を全部覚えるのは大変


語源で英単語を覚えるのは、英語の語彙力を上げるにはとても強力な方法です。

メリットとしては以下のようなものが挙げられます。

 語源で覚える主なメリット 

▶ 英単語をグループ単位で覚えられる

▶ 未知の単語でも推測ができるようになる

▶ 単語の成り立ちで覚えるので忘れにくい

 

セータ君
セータ君

すごい! じゃあ語源を覚えればいいの!?


と思いたくなるのも分からなくないですが
ちょっと待ってください!


接頭辞・語根・接尾辞含め、専門分野のものまでとなると
その数は 膨大 です!

100 や 200 どころではないですからね (汗)


これでは、英単語を覚える以前に
語源で苦労をする羽目になってしまいます。

これだと本末転倒です

セータ君
セータ君

あ、そっか。忘れてた…。でも、何から覚えていけばいいのかな…?


というわけで今回は、
その語源の中でも英単語の中核の意味を成す

語根

そして、その中でも特によく出るもの 10 個に絞って
紹介していこうと思います。

また、

セータ君
セータ君

語源って何? 初めて聞いたよ ?


という初心者の方は、

語彙力が劇的に上がる!! 語源を使った英単語学習法
という記事に詳しく書きましたので、併せてご覧ください。

よく出る語根 10 選

では、早速そのよくでる語根を紹介していきたいと思います。

No. の項目にリンクを張っておきましたので
早速ご覧になりたい方は番号をクリックしてご覧ください。

No.語根意味
1st , sta , sti , sist立つ
2fact , fect , fac作る、する
3cieve , cept , cap , cip捕える、(受け)入れる
4vers , vert回る、向く
5ply , pli , ple, ploy折り重ねる
6spec , spectよく見る
7rect , regまっすぐにする、導く
8cede , cess , ceed行く
9pos , posit , pose , pone置く
10vid , vis見る

 

まずは、このくらいから覚えても十分に効果があると思います。

意味が同じなのに微妙に違うスペルが
混じって気になるところですが、

ここで説明すると、とてもややこしくなるし
本来の語彙力アップから道がそれますので、

「ご親戚さんかな?」ぐらいでいいと思います。

語源は古代言語からの由来


語根に限らず、語源には「由来」というものがあります。
その多くが、ラテン語や古代ギリシャ語 等

古い言語が由来になっています


ですが、何もラテン語やギリシャ語を勉強しろ
みたいなことは言いません。

よほどの物好きでない限り
とりあえず

セータ君
セータ君

英語の語源って、なんか古い言語から由来しているんだな~




と、ざっくりな感じで頭の片隅に入れておく位で
問題ありません。

語根は漢字の部首に似ている?



セータ君
セータ君

意味が同じなのにスペルが微妙に違う…。こういうのってどこかで見かけた気がするけど何だろう?



いいところに目をつけていますね!

たしかに、同じ意味なのに形が違う
というのは普段目にしている「漢字の部首」
でやっているはずです。

以前の語源の記事で
「偏」や「旁」等に注目すれば
意味を推測できるということを書きました。

今回はそれとは別のパターンになります。

セータ君
セータ君

あれ? そんなのあったっけ??



では、実際に例を挙げて
思い出していただきましょう。


今回のパターンはこういうものです。

泳、漿、泰


セータ君
セータ君

ああ~! 確かにそうだ!



思い出していただけたでしょうか?


それぞれ、「さんずい」「みず」「したみず」で
部首は異なっていますが、意味は同じです。

こういうのはほかにもあるはずです。


「こころ」と「したごころ」と「りっしんべん」

応、慕、快

「ひ」と「ひへん」と「れっか」

炎、焼、烈


いかがでしょうか?

同じ意味なのにスペルが微妙に違うというのと
今回の部首のパターン
似ている気がしませんか?

理由はどうであれ
一番しっくりくるかと思います

参考にしてみてください!


まとめ

いかがでしたか?

単に語根を 10 個だけ紹介しましたが
どれもよく見かける語根をチョイスしましたので

この 10 個だけで
対応できる英単語がぐっと増えるかと思います。 

まずは、これを拠点に
他の語根や接頭辞・接尾辞を覚えていって
語彙力アップを図ってみてください!

というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

参考

  1. 語源の広場 | 『黄金の語根』とは
  2. ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY
  3. weblio 英和辞典・和英辞典
  4. 語源英和辞典

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました