【語源 語根】duce, duct (No.14)

スポンサーリンク
英単語
スポンサーリンク

今回の語根は duce, duct を紹介するよ!

Hello everyone!

ご覧いただきありがとうございます。
TOEIC 実験記の Delph (デルフ)です!!

今回は「語根 duce, duct」について
いろいろ実験していこうと思います。

セータ君
セータ君

あれ? 語根 10 選は一通り終わったけど、その続きをやるの?


そうですね!
基本語根 10 選は一度終わりを迎えましたが、

TOEIC に出る頻出の単語の中で
比較的よく出る語根はまだ紹介しきれていませんでした。

ということで、語根の紹介を再開したいと思います。

その第 14 回として、
duce, duct を取り上げていきたいと思います。

この記事を見ると
次のようなことが分かるようになります。

  • 語根 duce, duct の意味の由来および、それらが含まれる単語
  • 紹介した語根 duce, duct を含む単語のうち、付随する語源の意味


是非とも最後までご覧くださいね!


セータ君
セータ君

そもそも「語根」ってなに?


という方には、

語根や語源について詳しく書いた記事が
別にございます。

「語根についてとりあえず知っておきたい!」という方は
まずはこれだけ!語源で覚える英単語 頻出語根 10 選



「そもそも語源が初めて!」という方は、
語彙力が劇的に上がる!! 語源を使った英単語学習法 



からお読みください。

それでは、始めていきましょう!
Now let’s start!

duce, duct の意味は?

「導く (to lead)」という意味から由来しています。


どんな感じで導くのか。
導く方向はどこか。
どこへ向かって導くのか。

いろいろ想像力を働かせてみましょう!

duce, duct の語根を含む英単語

それでは、duce, duct の語根を含む英単語は
どんなものがあるのでしょうか?

TOEIC ラボなので、金フレを参考にしながら
TOEIC 頻出の単語をチョイスしています。

※ 足りない場合は黒フレやプラチナ 5000 を追加


単に意味だけでなく、
英単語がどんな構成になっているのかも
一緒に見ていきましょう!

英単語構成意味
produce前へ (pro) –導く【動】製造する
introduce中へ (intro) –導く 【動】紹介する
induce中へ(in) – 導く 【動】誘い込む
seduce離れて (se) –  導く【動】誘惑する
conductor共に (con) – 導く– 人 (-or)【名】指導者
deduction下へ (de) –導く こと (-ion)【名】控除

 

参考
TEX 加藤 (2017)『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ』 朝日新聞出版,
藤枝 暁生 (2020)『TOEIC L & R TEST 上級単特急 黒のフレーズ』 朝日新聞出版,
日本アイアール株式会社,濱崎潤之輔 (2013)『イラスト&ストーリーで忘れない TOEIC(R) テストボキャブラリー プラチナ5000』 ジャパンタイムズ


セータ君
セータ君

英単語に含まれる語根は赤太文字にしてみたよ!



語源に慣れていない最初の段階は
少ししんどいかもしれません。

ですが、語源に慣れてくると
未知の単語でも推測ができるようになったり

語源なしでゴリゴリに単語を覚えるより
負担が少なくなったりします


このメリットはとても大きいので
是非とも身に着けていきましょう!

その他の語源

せっかくなので、先ほど紹介した単語の中から
その他の語源についても見ていきましょう!


ここでは簡単に紹介していきますが、
余裕がある方は覚えていってくださいね!


se-

「離れて」という意味がある接頭辞です。
英語で言う away と同じような意味でしょうか。

若干マイナーな接頭辞ですが、
基本的な単語が多い印象です。

secret 【名】秘密
secure【形】安全な 【動】~を確保する
select 【動】選ぶ
separate【動】分ける
seclude【動】~を引きこもらせる


intro-

「中へ」という意味の接頭辞です。

「中へ」という意味の接頭辞は他にも in- と en- がありますが、
これらの接頭辞は intro- とルートが同じらしいです。

どちらかというと in- と en- を含む単語の方が多いですが、
意味も複数ありますので、注意が必要になります。

introvert 【形】内向的な
introspect【動】~を内観する


まとめ

今回は、「語根 duce, ductについて
いろいろと見てきました。


最後に今回学んだ語源を
もう一度確認してみましょう。

duce, duct: 導く

se- : 離れて
intro-, in-, en- : 中へ


語源で英単語を覚える感じは
掴めてきましたか?

語源につきましては引き続き紹介していきますので
楽しみにしていてくださいね!

「勉強になった!」
「役に立った!」
「疑問が解決してスッキリした!」
…etc

もし、この記事が気に入ったと感じましたら
「語根 10 選のリンク」の下にあります「GOOD ボタン」を
押していただけるとありがたいです!


というわけで、今回はここまで
また次回お会いしましょう!!

See you next time !
Bye-bye !

参考

  1. 日本アイアール株式会社,濱崎潤之輔 (2013)『イラスト&ストーリーで忘れない TOEIC(R) テストボキャブラリー プラチナ5000』 ジャパンタイムズ
  2. TEX 加藤 (2017)『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ』 朝日新聞出版
  3. 藤枝 暁生 (2020)『TOEIC L & R TEST 上級単特急 黒のフレーズ』 朝日新聞出版
  4. ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY
  5. weblio 英和辞典・和英辞典
  6. 語源英和辞典
  7. TOEIC 実験記 | まずはこれだけ!語源で覚える英単語 頻出語根 10 選

語根 10 選のリンク

セータ君
セータ君

基本語根 10 選の表を載せておくよ! 他の語根を見たいときは数字をクリックすると見ることが出来るから、チェックしてみてね!

No.語根意味
1st, sta, sti, sist立つ
2fact, fect, fac作る、する
3cieve, cept, cap, cip捕える、(受け)入れる
4vers, vert回る、向く
5ply, pli, ple, ploy折り重ねる
6spec, spectよく見る
7rect, regまっすぐにする、導く
8cede, cess, ceed行く
9pos, posit, pose, pone置く
10vid, vis見る

 

その他の語根

セータ君
セータ君

その他の語根を紹介しているよ!詳しくは下のリンクをクリックしてね!


セータ君
セータ君

GOOD ボタンはこのすぐ下だよ!もちろん「この記事を見た」ということだけでも大歓迎!ぜひお気軽にポチっとしてね!

コメント